衣類管理

 倉敷友の会では今年度の生活係が、「かぞえてみよう、はかってみよう」という調べ表を作ってくれて、それぞれが気になること、例えば家事にかかる時間だとか、持ち物の数だとかを調べてみよう、と呼び掛けてくれています。
 で、この前私は手軽に取り掛かれそうだった靴の持ち数調べをしようと、写真に撮ってみました。すると、私も夫も持ち数が多すぎることがわかりました。夫は、似たような茶色のウオーキングシューズがあり、靴底を見てすり減ったほうを処分。私は夏のサンダルシューズが多いことがわかり、くたびれた感じのを処分。靴箱がだいぶすっきりしました。
 衣服の持ち数調べは、2007年4月に写真を写してパソコンで管理しようと取り掛かってきているのですが、ファイル名に必要用件を入れれば管理しやすい、と思ってその後はだんだんに詳しく書き込んできました。
 そして「ズボン・スカート」「ブラウス、Tシャツ」などと分類のフォルダを作ってその中に分けて入れていたのです。
 ところが、それでは夏の季節に着られる服がどれか、わかりにくいので、この度「夏物」「冬物」「合い物」に分類しなおすことにしました。しかしそれでも写真でわかりにくいもので冬の物が夏物に紛れ込んでいたりして、なかなかうまくいきません。
 ファイル名に購入年月日、繊維の種類と組成、買ったお店、値段などを追々に書き込むようにしていたのですが、その順番を、購入年、月ではなく、月、年という順番にしたら、季節がわかりやすいと思い立ち、ファイル名を書き換えることにしました。
 なにしろこの猛暑で、2階に置いている衣類を全部出して調べるにはその分エアコンを余分につける必要があるので、とりあえず今は写真に写してあるのだけを分類しなおしました。
d0031853_01102045.jpg
写真は夏物のフォルダですが、夏はやっぱりブルー、グレーが多いなと思います。以前は刺し色で派手目なピンクも持っていたのですが、息子のお嫁さんがピンク大好きなので、一緒に住んでいるとつい競合を避けて、この頃では着なくなっています。
 少し時候が落ち着いたら、特に写真ではわかりにくいパンツ(ズボン)の類を調べてみたいなと思っています。
 また、写真を見てみると、もう処分したと思うものがこちらのファイル内では処理できていなくて残っていたりするので、そのあたりもマメに出し入れしていないと実態にそぐわないな、と思いました。
 2007年からようやく形になってきた私の衣服管理です。
 この頃はようやく買ったら着る前にまず白い壁の所につるして写真を撮り、買った年月、繊維の組成、お店、値段をファイル名に入れるようにする、面倒でもそれをしておくと後後の管理がしやすい事がわかってきました。

[PR]

by kurashiki-keiko | 2018-08-04 01:28 | 日常 | Comments(0)

名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

<< 室温32℃ 涼みに来ました >>