室温32℃

 昨夜12時、先に夫が寝ている寝室へ行くと、いつもなら廊下から入ったところでエアコンが効いてひんやり、のはずが暑い。
シーツがひんやりどころか、生あったかい。
えー?
エアコンのリモコンを探すと、設定はなんと25℃になっているのに。
昨日の朝だったか、夜8時から朝6時までのタイマーをかけたのは私。
だけど温度設定はいじってないし。
先日は夫が間違って暖房のスイッチの方を入れていてあったかかったということはあったのだけれど、
今回はどうやら違う。
リモコンをあちこちいじってみたけれど、エアコンは少しも冷風にならず。
先日来、熱中症で亡くなる人のニュースがあるけれど、どのケースもエアコンをつけずに寝ていた人の話。
念のため夫の入院グッズの中にアルコール式の温度計があったのを思い出し、取り出してみると、赤いアルコールは32℃の所。
まさに、このまま朝までいると熱中症になるよ。
ということで、急きょ夫を起こし、今までいた居間のエアコンをつけて居間で寝ることにしました。d0031853_06302419.jpg
床に長座布団、では寝心地は悪くてなかなか眠れませんでしたが、32℃の部屋で寝るよりはまし。
電気屋さん、エアコン設置で駆け回っているのだろうし、すぐ来てくれるといいのだけれど。

[PR]

by kurashiki-keiko | 2018-08-06 06:30 | ニュース | Comments(0)

名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

<< 基盤が壊れていたそうで 衣類管理 >>