人気ブログランキング |

土日の晩ごはん

 土日は私が作った晩ごはんを息子たちと一緒に食べています。
土日の晩ごはん_d0031853_00210956.jpg
9月26日(土)の晩ごはん。麻婆豆腐と、きのこと卵のスープ、中華風の酢の物、青菜のオイスターソース炒め。
実は友の会の料理教室レシピを基に作ったのですけれど、孫達がピリ辛だと食べてくれないといけないと思って、豆鼓醤は使ったけれど豆板醤を控えたというか使わなかったのでした。ところが、息子、「あんかけの餡はないの?」とか。実は私、レストランで麻婆豆腐をいつ食べたか思い出せないくらい、食べてない。息子曰く、餡がかかってない。それにも1つパンチが効いてない。嫁さんに聞くと、時々麻婆豆腐は作るけれど、市販の麻婆の素を使っているそうな。
 酢の物は、いつかの婦人之友の記事を切り抜いていたものを見たのだけれど、食材は春雨、人参、赤と緑のパプリカ、きくらげ、それに鶏モモ肉を茹でて手で裂いた物が入っていました。調味料の中の芝麻醤というのがなくて、味の再現は出来なくて残念。これもパンチが効いてない原因か。
 がっかり。
 食材の数と品数は多かったのだけれどね。

土日の晩ごはん_d0031853_00254958.jpg
 9月27日の晩ごはん。メニューは鮭のムニエル、炒め野菜はもやし、人参、ピーマン、シメジ。あとポテトサラダ(茹で大豆、きゅうり、人参、キャベツ、玉ねぎ、らっきょうみじん切り入り)、レタスとゆで卵。味噌汁(豆腐、ワカメ、白ネギ、エノキだけ)
でした。大きなフライパンを家のチェンジの時に息子らにと置いてきたつもりがどこかへ無くなっていて、この頃は鉄製のがよいとばかりにこういうものはすき焼き鍋を利用していますが、バターを入れたため焦がしてしまいました。炒め野菜は隣の火口で北京鍋で。
 香ばしく焼いたつもりだったけれど、孫どもあんまり食べてくれーず。

 一生懸命献立から考えてはいるのだけどね。
以前は時間がない時はお好み焼きだとかピザだとかも作っていたけれど、今は時間も出来たし、ちゃんとした献立で食べさそうと努力しています。

タグ:

by kurashiki-keiko | 2020-09-28 00:31 | 料理 | Comments(2)

Commented by sikisai999 at 2020-09-28 05:49
世代の違う家庭の食事って難しいですね。
最近は特に若い人は香辛料の強いものを好む人も多いようです。
テレビやyoutubeではこれでもかと言うほど赤くして食べている様子が観られます。

昔も好む人も居ましたが今ほどではなかったような気がします。
特に子供にはわさびも含めて唐辛子などは控えたいですよね。
食は健康の元、作る側の気持ちが伝わると良いですね。
Commented by kurashiki-keiko at 2020-09-30 08:45
sikisai999様、祖母が思うより孫たちは香辛料に平気、ということと、成長したなあということを感じたこの夜の出来事でした。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

<< 朝の交通指導に立って 勇気がいったこと >>