カテゴリ:がんばったなあ( 152 )

ようやく縫えました

 8月の最寄会で大先輩ががんばっている様子に刺激を受けて縫い始めたスモックエプロン、途中、豪雨災害の支援の為に学童の手提げ袋類を2,3組縫ったことで止まっていましたが、24日(金)とこの27日(月)に続きを縫って
d0031853_22300950.jpg
、ようやく仕上がりました。細かいグレーの花柄で芯の方はピンクになっている模様です。縫い方が下手なのですが、材料費は2,200円ほどかかっています。
 冬場セーターの上に着ると暖かくて背中が紐ではなくてボタン止めの打ち合わせで重なっているのでまた暖か。ウエストは紐で絞って調節できるデザインのものです。外出着を着てから家事をすることもでき、これをさっと脱いですぐ外出できるので便利。袖口が汚れ勝ちですが、これがあると中の服が汚れずに済みます。
 安いスーパーだとびっくりするほど安い衣料品が出ていますけれど、工場で流れ作業の工程なのと、東南アジアあたりの安い労働力により工賃をぐっと下げているものなのだろうと思います。

[PR]

by kurashiki-keiko | 2018-08-27 22:42 | がんばったなあ | Comments(0)

被災地の子供たちに2組目

d0031853_00252997.jpg
 18日(土)は午前中は民生委員の定例会。なので袋物を縫う時間が取れたのは午後になってからでした。夕食は豚肉の冷しゃぶと決めていて、昼食後キャベツ、もやし、ブロッコリーと豚肉を茹でてバットに入れて冷蔵子へ。ゆで汁を利用してブロッコリーの芯のところと白菜、人参少々でスープ。と、段取りをして置いてから安心して縫い物に取り掛かりました。
 5時までかかって体操服入れと上靴入れ、コップ入れが完成。その後NHKの思い出のメロディーを見ながら残った手提げ袋を仕上げました。2組目なので前より上手になったかも。しかし名前を書く白い布がアイロン接着のテープ状のもので、切り口が少し直角からずれていました。厳密な目で見るとあちこち雑な仕上がりかもしれない私の縫い物です。
 夜の10時ごろ完成。私にしては早くできた方。がんばって縫ったというよりは結構楽しかったのでした。

[PR]

by kurashiki-keiko | 2018-08-19 00:36 | がんばったなあ | Comments(0)

家計簿7月を締めて

 7月31日、いつもはもう少し早い日にするのですが、曜日の関係で今月は31日に通帳記帳をして、家計簿に転記、7月の家計簿を締めました。
 私は今年で40冊目の婦人之友社「羽仁もと子案家計簿」をつけています。高年向けの「予算生活の家計簿」に移行する人が多い中、項目の順番が違うそうだし、同じ表紙の色でずっと付けてきているので、相変わらず同じ種類のを使っています。
 これまでは割合食費がかかっていたのですが、今月はキュウリが毎日毎日10本前後と、トマト・ミニトマトもぼつぼつ収穫でき、おまけに次男のお嫁さんがなすやオクラを持って来てくれるなどして、野菜代がずいぶん助かり、桃を1箱買ったのに予算に対して7,843円も黒字。ありがたや。
 大赤字になったのが衣服費。夫のブランド品コートを買ったのを皮切りに、同じく夫の皮のショルダーバッグ、ドイツ製の靴、同じメーカーの靴底の張替え。私も、それほどではないにしろなかよし会があるので結構買い込み、おまけに旅行用のカバンが古びてきたので買いました。食費はけちけち使っているのに衣服費はドーンと予算オーバーとはこれいかに。今年中の修復は無理と思う。
 それにしても今月は夏休み中のせいか、いつもなら夜中の数時間かけて月の締めをするところ、日中に出来たのは喜ばしいというか閑というか。夫の寝た後にいつもするのに、今回は横でテレビを見る時間帯に各項目の締めをして予算との差し引きをして収支年計表に記入し、来月のページに予算の金額とこれまでの差引額を記入するところまでできました。
 なんて面倒で煩わしい作業なんだろう、と思うし、この作業だけはパソコンで替わってやってもらえるとうれしいんだけどな、と思いながら、手書きをベースにして自分でExelの表に記入し、予算の消化率を自動で出しています。
 パソコンソフトを1年だけ使いましたが、いろいろな領収書やカードの明細などは家計簿にはさむなどして管理していたこと、友の会で見合うためには一々プリントアウトしていかないとすぐには見られないこと、それからくだらないかもしれませんが、本棚の最上段にずらーりと並べている家計簿を、その年も続けて同じように飾りたい、と思ったからでした。100年以上変わらないデザインの家計簿、本棚に並べて若いころの様子も手に取って眺めることで、あの時の予算はああだった、何費が高かった、などふり返ったりします。

 

[PR]

by kurashiki-keiko | 2018-08-01 02:11 | がんばったなあ | Comments(0)

みんなの力、すごい

 昨日、水害の被害に遭った人々の避難所の様子を見てきた総リーダーからのFaxの呼びかけによって私も家に眠っていたサンダル、長靴、デッキブラシ、マスク100枚入りの箱、貰い物のペットボトルの飲料、日除け用の長袖ブラウスなどなどをかき集めて、今朝持参しました。
 集会日に集まった会員たちによって仕訳けられ、数が数えられてから、被災した会員や元会員らの手元にもわたり、さらに避難所に持ち込んだところ、それが欲しかった、ととても喜ばれたそうです。よかったです。
 ご要望の角スコップは某会社から多数の寄附があったとの事です。みんなの力が集まるとすごいなあと感動しました。

[PR]

by kurashiki-keiko | 2018-07-13 18:03 | がんばったなあ | Comments(2)

筋肉痛―

どうも右肩が張る、少し痛い。ん?
ちょっと考えて、過去を振り返ってみてガッテンがいった。そうそう、年を取ると筋肉痛は後から来る、と言いますが、この16日(土)、小学校の運動場で地域住民協議会主催のグランドゴルフ大会があって参加したのでした。朝9時から12時前ごろまで、結構重みのあるクラブをもってボールをスコーンと打つ、初心者でもそれなりに楽しく、長い所短い所、私の場合は右にそれがちでした。ああだこうだとそれなりに工夫をするものの、なかなか3打で入れることはできず打数は増えるばかり。
 参加者は60人くらいもいたでしょうか。一番多いのはシニア男性、その半分くらいが女性でお年寄りから若いお嫁さんまで。子どもは10人くらい、4年生以下くらいの小さい子が多かったみたいでした。
 最後の集計は報告を教頭先生がパソコンで打ち込んで下さり、順位が決定されました。ホールインワンがお1人。続いて点数順に表彰があり、豪華賞品?がそれぞれに手渡されました。同点の場合はその場でもう一度ボールを打ち、三角の印に近い方が上位という事で決着がつけられました。そして私、その同点の人と打ち合い、微妙な距離で紐でわざわざ計り、ようやく私がほんの少しだけ近かったので、7位入賞ということで賞品をいただくことが出来ました。

 昨年秋は申し込みしていたものの、雨で流れたので久しぶりの大会で、下手なりに同じグループの人と交流もそれなりに出来、楽しかったのでした。

[PR]

by kurashiki-keiko | 2018-06-18 01:53 | がんばったなあ | Comments(0)

毛虫退治

 6月4日(月)も、日曜に続いて夏に向かっての冬物モコモコシーツ洗いやらベッドパッドを干すやらの季節の家事をフル回転でやっていました。
 そんな中、お嫁さんがやってきて、息子たちエリアの庭の隅に虫がいる、と言うので見ると、なんとピンクの侘助の葉っぱの中に、うじゃうじゃと毒々しい毛虫があっちの小枝、こっちの小枝にびっしりと大発生しているではありませんか。何年か前に庭の反対側のサザンカにチャドクガの幼虫がいて、木を坊主にされ、おまけに長袖だったのに軍手との境目を刺され、唇やらお尻やら全身がしびれてえらい目になったことがあったので、これは大変、と思いました。
 最初は「チャドクガにも効く」と会った殺虫剤を噴霧してみたのですが、まだうじゃうじゃ動いていたので、軍手をして火ばさみを用意し、小枝ごと切り取って足で踏んづけて退治しました。
 思えば忙しくてそっちの枝は茂ったまま放置していたのも悪かったかと、枝をだいぶ間引いて剪定しました。やれやれ、おかげでさっぱりした樹勢になりました。
 写真をとってもよかったけれど、あんまり毛虫うじゃうじゃというのもビジュアル的にどうなのよ、ということで、ありません。

[PR]

by kurashiki-keiko | 2018-06-05 18:34 | がんばったなあ | Comments(0)

夏に向かって

 6月3日(日)は真っ青な青空が広がり、物を干すのに絶好の日よりでした。
 かねてより息子たちと、この日は冬物の敷物を干して夏のござに替えようと言っていたので、朝からパジャマを洗い、朝食の片付けを終えるとすぐにホットカーペットのカバーを干し、続けて座布団やクッションもいろんな台を使って庭に並べ、懸案だった毛布を洗って干したりしました。洗濯機にお任せで毛布洗いコースにすると1時間半くらいもかかるので、その間に買い物へ。
 庭に虫が出るようにもなったので、虫よけのネットの防虫剤も買ったり、3日分の食料、それに林檎が安かったのでジャムにしようと6個ばかり買い込みました。
 昼は買ったばかりのガラ海老入りのかき揚げと、そばを茹でて天ぷらそば。栄養指導の先生から、ゆっくりと消化吸収されるためうどんより蕎麦がよいとのご指導があったため、近頃ではなるべく蕎麦を買うようにしています。しかしうどんに比べると蕎麦は値段がお高いのが悩み。夫はうどんの方が好きなのですが、そこをなだめつつお財布と相談しつつの蕎麦三昧。
 午後は毛布を仕舞ったりついでにシーツとベッドパットもモコモコの冬バージョンのままだったので、夏物のサッカー生地のを押し入れから出して模様替え。こっちも早く気づけば洗濯できたのに、午後3時になっていたので階段の手すりにかけて又お天気の良い日を待つことにします。
 そんな作業をしてから今度はりんごジャム作り。身は8等分にして薄切り、皮は色付けの為にむいてから一緒に煮ました。砂糖は50%。
思いついて圧力なべで煮たら皮も柔らかくなるかと思ってやってみましたが、柔らかくはなったものの林檎から出た水分が全然飛ばず、また普通の鍋にもどしてふたを取って水分を飛ばすという二度手間。仕上げにフードプロセッサーにかけ、かけるときに酸味の補いに晩柑のむき身を加えました。その後もう一度さっと煮て熱いうちにガラス瓶6本に詰めて完了。
 と、その間にもう夕方になっていて、慌てて夕食の準備。献立は手巻き寿司と決まっていたものの、副菜のほうれん草の胡麻和えやらお豆腐とわかめの汁やら、結構やることは多く、6時の夕食は出来ませんでした。寿司ネタもエビはブラックタイガーに串を打って酒と塩で蒸し煮にし、熱いうちに串をぐるりとねじって冷めるまでおき、冷めたところで串を抜き、皮をむく、という作業。卵は卵3個を卵焼き器でじっくり焼き、棒状に切る、ゆでだこの足は薄切りにした後網代に包丁目を入れる(裏表から同じ向きに斜めに浅く包丁を入れる)、長い方の辺を半分に切る、などなど。途中からお嫁さんが来てくれて半分手伝ってくれました。
 写真を忘れましたが、今回はお刺身セットのほかにアジのさく造りも買っていたので種類も豊富な寿司ネタが出来ました。孫たちは意外にも納豆が大好きで、親にご飯の上に納豆を置いて巻いてもらっていました。
 そんなわけでワイワイと日曜の食卓を囲んだのでした。
 

[PR]

by kurashiki-keiko | 2018-06-04 01:44 | がんばったなあ | Comments(0)

幼稚園バッグのお手伝い

 先日布を買ってきて、1回目に裁つだけ裁ったので、今日は午前中の2時間だけで、簡単な裏のないものからと、コップ入れと歯ブラシ入れを手伝いました。
まずミシンに触れないお嫁さんのために、下糸を巻く、上糸を通しボビンをセットすることから。
続いてロックミシンかけ。
雑な私でもこれくらいの袋物ならお嫁さんに教えられるんだな、とほっとしつつ、ひと仕事ずつ縫う場所を教えながらの仕事。2時間かかってなんとかコップ入れと歯ブラシ入れができ、次の着替え袋のロックミシン掛けまでできて11時半となり、片付けました。
待っていた孫に「ほら、コップ入れが出来たよ」。
ひとつづつ、完成の喜びも味わいつつ、入園準備が進んでいます。


[PR]

by kurashiki-keiko | 2018-01-29 12:47 | がんばったなあ | Comments(0)

家族の歴史―NHK「ファミリーヒストリー」星野仙一編を見て

 今夜、たまたま星野仙一さん追悼番組として、NHKで「ファミリーヒストリー」を見ました。2015年の放送分だそうでした。星野さんのお父さんは、星野さんがおなかにいるときにお亡くなりになったのでした。上の女の子2人と仙一さんを抱えて、お母さんは七竿あった箪笥の着物を売り払い、終いには下駄箱まで売って、子どもたちを食べさせるのに必死だったそうです。仙一さんが幼稚園になってから働きに出られたのだそうです。
 お父さんが飛行機の製造をしていた三菱に勤めていて、その工場が水島にできたので転勤で倉敷にやってきて、中学を出たばかりの少年たちを工員に教育する責任者になられていたそうです。お父さんが亡くなった後、その学校でお世話になった人が、元上司の奥さんだと言うので、仙一さんのおかあさんの働き口を世話してくださったそうです。
 仙一さんはその経済状態を知って、物を欲しがることはなかったのだけれども、ある時お母さんが通りがかりに、同級生が野球に興じる中で仙一さんだけがグローブがなかったのを見て、千円札を出してやり、グローブを買うように言ったそうです。仙一さんはうれしくて抱いて寝たそうです。 長じて、大学にも進学させてもらい、プロの契約金をもらったとき、それまでの仕送りの現金封筒をすべて保存していた仙一さんは、合計額が340万円くらいになっていたそうですが、400万円の現金をもってお母さんに渡したそうです。なんてステキなお話でしょうか。


 
 
 

[PR]

by kurashiki-keiko | 2018-01-11 00:58 | がんばったなあ | Comments(0)

写真の整理

 1月8日(月・成人の日)、成人の日という祝日はやっぱり15日というのが私世代の人は染みついている気がします。8日というのはいかにも早すぎる感があります。なので、実感が伴わない。
 それはともかく、8日の祝日、午前中は定番の朝食のミネストローネのまとめづくりをし、午後は年末に買い込んできた薄手の表紙のアルバムに、2003年から2005年の写真を整理しながら入れて行きました。
 この時代はメーリングリストのお仲間とツーデーマーチの催しで20㎞歩いたり、オフ会に参加したり、パソコン講座の受講生から講師にさせて頂いたりと、パソコンのおかげで世界が広がった時代でもありましたので、その時々の写真もありました。

 2003年の3月には娘の結婚式があり、さすがにたくさんたくさんの写真があったのを、似たような場面の物やら、息子2人にも別々にアルバムを作ってやろうとしていて1場面に3枚ずつプリントしていたりしたのを、それぞれの息子たちももうこの期に及んで姉のそうした写真ももういらないのではと、1枚ずつこのアルバムに入れるだけにして、かなりの写真を処分。
 次いで初孫の写真がやはり多い。手振れしたのやらピンボケのやらも結構あったので、これまたかなり処分。
 それから、時間に余裕ができてきた時代だったので、五島やら北海道やらに旅行したのがあり、珍しかったので風景写真が多数。これもまた五島の教会群の写真だけ残して風景などの写真は思い出だけでよいとばかりにかなり処分。そんなわけで、かなりの時間がかかりましたが、写真そのものやらそれを入れていた写真屋さんでタダでもらったミニポケットアルバムもかなり捨てました。
 

 たったの2年分で半日かかってしまいましたが、これ以後のがずっと整理されていないというわけではなくて、2007年以後のはアルバムになっているのです。
 しかし、それでも旅行先などはうれしがってたくさんたくさんの写真を保存しているので、もっとコンパクトに圧縮しなくては、とは思っています。いつになることやら、ではあります。ともかく緒に就いただけでもよし、という感じでした。

[PR]

by kurashiki-keiko | 2018-01-10 01:29 | がんばったなあ | Comments(0)