カテゴリ:ニュース( 72 )

避難所に直接持ち込み

 今日12日(木)は久々に庭の草取りをしました。朝8時半から11時半まで、給水休憩をはさみながら汗だくになって、顔からぽたぽたと汗が流れました。ずっと雨模様だったし忙しかったしで、キュウリやトマトも、コスモスの苗も草から助け出した、という感じ。はびこっているドクダミはどうしようもなく、地下茎でまた生えるであろうと思いながらもなんとか表面上はまあまあのところまでこぎつけました。それにしても、泥をかぶったお宅では、庭どころではなく、家の中の泥をかきだすのに大わらわで大変だなあ、と思いつつ。
 
 疲れたので、昼からはお昼ね、と思っていたら1通のFaxが。
いわく、
直接避難所からの依頼があったとのことで、希望される支援物資のリストがありました。
友の会の係の人がまとめて持ち込む予定のようです。

虫よけスプレー
ハンガー 大・中・小
洗濯ばさみ
帽子、麦わら帽子
軍手
ひも
長靴、サンダル
たわし、デッキブラシ
ゴム手袋
500mlペットボトル(スポーツ飲料、麦茶、ジュース等)
角スコップ
野菜ジュース
塩あめ
ゴミ袋90ml
のどスプレー
長袖シャツ(各サイズ) 薄いもの(日除け用)
日焼け止め
ゴーグル

・・・とのこと。急いで思いつく品々を出して来ました。夫の母がため込んでいたゴム手袋の最後の2袋がまだありました。会議の時にもらうペットボトルが3本。ひも。役立つかどうかわからないけれど、ビーチサンダル3足。玄関のタイルを磨こうと思って購入したものの使っていないデッキブラシ。野菜ジュースのパック6個。農作業用の長袖ブラウス2枚。
わが家はこんなものでしたが、明日の集会日にみんなから集まるといいと思います。
ペットボトル3本は凍らせて、使っていなかった保冷バッグに入れて持って行こうかと思っています。冷たいうちに届くといいのだけれど。
 近場で、この災害にわずかの差で遭わずに済んだ者として、出来ることをしていこうと思います。


[PR]

by kurashiki-keiko | 2018-07-12 16:50 | ニュース | Comments(0)

豪雨被害 その後

 豪雨の中買い物した7日以来初めて、11日(水)にスーパーへ行きました。7日には浸水のため行けなかったほうのスーパーです。
その前後用事をいくつかしてから行ったのですが、印象としてはいつになく道が混んでいるなあ、ということでした。
 後で帰宅した息子によると、倉敷から旧国道2号線や山陽本線の鉄道を越えて北へ向かう道が、マスカット球場の東側の道も通行止めになっているなどで、普段私たちが使っている道が唯一と言っていいくらい通れるのと、支援の車だとか普段いない車も入っているせいで、やたらに混んでいるのだそうです。1台通るのがやっとという用水沿いの道にも、知らずに入ってきて強引に行こうとする車が、普段通って知っている車なら待避所で待っているところを突っ込んでくるためにやたら時間がかかってしまうのだそうです。
 スーパーの品ぞろえを見ると、野菜売り場の手前にいつもなら並んでいる果物のところの棚が空っぽでした。お魚は濁った川の水が注ぐ近海物はたぶん影響を受けていると思うのですが、お店の工夫か、特に変わったようには見えませんでした。牛乳売り場には、
d0031853_01422770.jpg
見たところ空っぽというわけではなかったけれど、こんな貼り紙がありました。
また、被災地では避難所への支援品以外では手に入らなくなっているらしい、水のペットボトルが、何とかの水、といったブランド品?ではないにしても2リットル6本入りのがあったので、支援品にするつもりでひと箱買いました。

直接の被災地ではない倉敷の当地ですが、蛇口から出てくる水道水の柱をよく見ると、どうも透明ではなくて濁っているようです。取水口の所が大雨のせいで濁っているからでしょうか。不断ならおいしい部類の倉敷の水ですが、生水を飲むのは気持ち悪いと感じ、麦茶などにして沸かしたものにしようと思うことです。

[PR]

by kurashiki-keiko | 2018-07-12 01:49 | ニュース | Comments(0)

数の恩寵

 倉敷友の会でも1階の天井近くまで水に浸かった家の人が1人いることがわかりました。その人からの要望で、本人やご家族の衣服や当座の食べ物があったので、さっそく電話連絡網が回り、委員会に続々と持ち込まれました。
 一番必要なのはお掃除用のぼろ布との事だったので、古タオルがテーブル1杯。衣服の類も一杯。それをサイズ別などに仕分けして、家の近くの人が運ぶことになりました。
 また、市からの要望で、同じく古布、履き物、ソックス、ズボンなどがあったのでそれも別のテーブルに山のように積まれて仕分けされ、何が何点、という風に分けて係が運ぶことになりました。
 また、本人が言い忘れていたことに「水」がありました。我が家に備蓄用にと2リットルのペットボトルの箱が2箱、12本分あるので、次の集会日に持参するつもり。こういう時にはお店の品物はすぐに無くなるのでしょう。我が家用のが役に立ってよかった。
 そんなこんなで、てんやわんやの中にもテキパキとした動きがあって、やっぱり友の会の働きはすごいなあ、と感動した半日でした。

[PR]

by kurashiki-keiko | 2018-07-10 16:39 | ニュース | Comments(0)

倉敷地区ハザードマップ(平成28年度版)を改めて検証すると

倉敷市の真備町が大水害になって、以前市民に配布されていたハザードマップがあったのを思いだし、取り出してみました。
画面が大きいのでスキャンして合成、も面倒なので写真に撮った関係で少し照明で光っている部分もありますが、私の住む旧倉敷地区が裏表になっており、真備地区は北側の方の左端にわずかに表示されている程度なのですけれど。
これで見ると、その左端のわずかに見える真備の端っこの川辺地区と、蛇行した高梁川のすぐ南側の柳井原地区の色は、洪水の場合には5m、つまり2階の軒下が浸水する程度、となっているのです。最も深い水が来る色分けになっていることがわかります。この度の洪水は、全くその通りの惨状になっていることがわかりました。配布された時にはまさかこんなことが本当に起こるとは、誰が予想したでしょう。
 また、高梁川が蛇行したあたりの酒津には農業用水などを取水する堰があってここから放射状に別れて市内各地の農地へと用水が流れて行っているのですが、ここのところが決壊した場合には、万寿学区、中庄学区、中洲学区など市内の低い所が深い青色になっていて、こちらは2mから5mの浸水になることが示されています。高梁川の東側にも、このような危険があることが改めて思い知らされました。
 また、酒津からまっすぐ南へ延びる少し色の変わった台地のような部分がありますが、そこは昔、高梁川の支流が流れていて、土手になっていたのを、埋め立てたために少し高い土地になったのだと、以前市役所の出前講座で教えてもらったことです。その細長い少し高い土地に水島臨海鉄道が走り、運動公園(武道館・野球場など)、また少しこの南の方になりますが、倉敷友の家の土地も含まれていて、少しでも高台になっていてよかったなと思います。6日の大雨・洪水警報が出ていた時、JRは運休が多かったのにこの臨海鉄道は普通に走っていたのは、高架を走っていることと、この少し高い土地であったことと関係があったのかもしれません。

d0031853_00114410.jpg

[PR]

by kurashiki-keiko | 2018-07-09 00:20 | ニュース | Comments(0)

災害後の周辺情報

 同じ倉敷市民として真備の皆さんの被災には心からお見舞い申し上げます。
 我が家は旧倉敷校外にあるので、直接の被災はありませんでした。今日の変わったことと言えば、ひっきりなしに上空を飛来するヘリの音。被災者救援のためか、報道陣かはわかりませんが、1日中飛んでいるという印象でした。
 午後になって、孫の通っている小学校・幼稚園が向こう2日間休校・休園になったとの事。
d0031853_21511992.jpg
学校によっては危険な場所を含むところもあるからか。

お嫁さんの情報によると、買い物に行ったらスーパーのパンの棚が空だったそうです。道路事情が悪く運んでこれないと貼り紙があったとの事。野菜なども入ってないのがあったそうです。7日に大雨の中行っていた私は正解だったのかも。その後売り切れたのも多数あったと思います。我が家は幸い冷蔵庫の野菜室は満杯の上、手作り食パンを焼くので分けてやりました。タンパク質の物は冷凍のしめさばやら缶詰の鯖缶などでしばらく何とかなるか。

 近所の日帰り温泉施設では、無料開放しているところが何か所かあるとの報道がありました。被災者にはありがたい措置だと思います。

もう一つ、今週13日金曜日に、問題の真備地区にある「マービーふれあいセンター」で、倉敷市の民生委員・児童委員の全体研修会があることになっていたのですが、中止になった、との連絡が今夜ありました。何しろ道路も水没しているのだから行くことはできません。

 もう一つ、このような災害の時にこそ、民生委員も預かっている、「災害時要援護者リスト」は役に立つと言えると思います。一体あの水没した家の中には要援護者がいるのかどうか、そのリストを見ればわかるはず。原則としてリストに載せてもらうかどうかを判断するのは本人ということなので、本人が望まない場合はそのリストには載っていないというのが問題ではありますが。
  

 

[PR]

by kurashiki-keiko | 2018-07-08 22:43 | ニュース | Comments(0)

大変な1日 豪雨から

 2018年7月7日は忘れられない日になりそうです。
 まずは前日になりますが夜10時半ごろか、ドン、という大音響。私はいきなりの落雷か?と思っていたらなんと、総社の方のアルミ工場の爆発音だったと判明。大体10㎞くらい離れているのにすごい音でした。
 そのうちに何度もビービーと大音量でスマホのアラームが鳴り、そのたびにどこそこの地区に避難準備情報?だのが流れ、うちの方は遅くについに避難指示が出ました。
d0031853_23500690.jpg
 写真は午前1時半ごろのものです。水位観測不能、というのは物差しのような観測用のポールを越えて水が増えているということと理解しました。息子が見せてくれるスマホの画面には、酒津の堤防のところの監視カメラで、今にも土手を越えそうな濁流。災害の少ない当地、まさかと思ってぞっとしました。ほかの家族は眠る夜中の1時ごろ、息子と二人で大事なデータを失くしては大変と、パソコン本体を2階に持って行ったり、友の会のお役の書類を上げたり。そうする間にもビービーとけたたましくアラーム。枕もとに携帯ラジオを持ち込み小さい音でかけつつ眠りにつきました。
 
 朝4時ごろ、相変わらずゴーゴーとすごい音の雨。少しずつ明るくなり、被害状況があちこちからもたらされて、真備地区は最初は1枚の写真でしたが、時間を追うにつけ空からの映像で、とんでもなく広い範囲、しかもだんだん水かさを増して2階まで水に浸かる、という惨状がわかってきました。
 友の会の人たちはと気になりましたが、酒津に住む人は近くの大型ショッピングセンターの3階駐車場に夜中に家族で避難したそうです。次男からは近くの倉敷川が周辺にあふれ出している映像が届いたり、娘婿からは矢掛あたりの浸水の写真が届いたり。
d0031853_23522835.jpg
 9時ごろ、牛乳が乏しいのもあって、食料の買い物に出かけました。すると、いつも通る道が、行く手に農業用水を渡る橋があるせいか、前を行くバイクがジャバジャバとすごい水しぶきを上げていきます。傘をさして立っていた地元の顔見知りの男性が、「スーパーニシナに行くなら別のあっちの方に行った方がいい」と右に曲がって別の店へ行くように、と教えてくださり、車でその浸水域を通過するのも心配だったのでアドバイスに従って方向を変えました。
d0031853_23532253.jpg
 店では、ないとは思うものの停電でもあったら、と思ってカセットボンベを買い足し、帰途に着きました。帰り道、東町の通りの入り口が通行止めの表示があり、古い家並みの通りなので土地が低いのかな、と思いました。写真は我が家の近所の浜川用水の様子。水位が地面とすれすれになっていました。
 息子が9時ごろがピークで後はたぶん雨脚が収まり、高梁川の水も引いてくるだろう、と踏んでいたのが当たったようで、幸い我が家のは浸水をまぬかれました。
 しかし特別警報はなかなか解除されず、しばらくはテレビ画面のニュースに釘付けでした。
d0031853_23543980.jpg
 これは娘婿からの写真で、矢掛だそうです。


d0031853_23552325.jpg
 こちらは次男からの映像で、藤戸の近くあたりの倉敷川があふれそうな様子。
d0031853_23561656.jpg
こちらは次男の嫁の実家近くの小田川の様子。問題の大洪水を起こした真備のあたりの少し上流と思います。

 何年も前ですが、県南が高潮の為に水害があった時、家電やら畳やら使えなくなった大型ごみが道の両端に山のように捨てられているのを見たことがあります。今後真備地区の水が引いたら、またあのような光景が見られるのかもしれません。本当に災害は恐ろしいものだと思います。
 とりあえず今は一人一人の命が助けられていく様子を、ありがたく見守ることしかできませんが、少しでも早くと願うばかりです。

[PR]

by kurashiki-keiko | 2018-07-07 23:28 | ニュース | Comments(2)

いよいよ

 6月22日(金)、樋口恵子氏講演会があります。
私は書籍売り場、おつり、うまく間に合うといいけど。
沢山売れるとうれしいけど。
少しでも興味をもって見て頂けるようにと、ポップ?を作りました。
とにかくたくさんのお客様に来ていただきたいです。
倉敷市民会館、10時開場、10時半開演ですが、クワイアと呼ばれる中間のロビーまでは早めにお入りいただいて本を見ていただく予定です。
 終わった後は先生のサイン会もあるそうです。
 

[PR]

by kurashiki-keiko | 2018-06-21 23:54 | ニュース | Comments(0)

英会話テキストで倉敷美観地区が

 今日聞いたことですが、NHKのEテレの「しごとの基礎英語」の11月号テキストに、倉敷美観地区と児島のジーンズストリートでの会話が取り上げられているのだそうです。
 さっそくテキストを手に入れることにしました。
d0031853_22240876.jpg
 私は高校2年生の時に、当時のラジオ「基礎英語」を毎日聞いていました。英語の授業の成績はさえなかったけれど、発音はよくなったような気がします。
 地元の観光案内が英会話のお手本として取り上げられるなんてめったにないことなので、勉強してみたいです。

[PR]

by kurashiki-keiko | 2017-11-07 22:27 | ニュース | Comments(0)

蜂に刺されたら?

 先日、知り合いの人のフェイスブックで、蜂に3か所も刺されて腫れあがったので、お医者さんに行ったけれど、何の処置もしてくれずお薬も出してもらえなかったとの事でしたが、また別の高齢男性が同じように蜂に刺され、3日で腕がはれ上がっている、というのを見せてもらいました。
 私の知識では、蜂に刺されたらアンモニア水を塗る、というのが処置なのですが、後の方の男性の話によると、アンモニア水では効かないそうで、救急車を呼んでもよいくらいなのだとか。本当でしょうか。
スズメバチのような恐ろしい蜂はともかく、普通の?アシナガバチとかミツバチなどでもやっぱりアンモニア水では駄目なのでしょうか?

[PR]

by kurashiki-keiko | 2017-07-26 01:07 | ニュース | Comments(2)

アカペラ合唱団のブログ作りました

 前回の練習日、見学者がお一人。
うわさによると、ほかの合唱団に入った人は、インターネットで検索したら、うちの団よりも遠いところが出てきたので、そちらへ行ったのだとか。もっとその人の家に近いこちらに入ってもらったらよかったのにね、ということで、ネットに活動を出しては、ということになり、私にそのお鉢が回ってきたのでした。
 で、ホームページよりお手軽なブログを開設しようか、ということになり、どこがいいかな~、と悶々と2日ほど。テンプレートがうちの団体にふさわしいのがあるかとか、カテゴリーが「音楽」ではあまりにも膨大なので、その中でも「アカペラ」というジャンル分けがある「FC2」のブログで作ることに決めました。でも、現在のこのブログ「Excite」のと違って慣れないもので勝手がわからず、記事を書いてもなかなか公開する手順が分からず四苦八苦。
やっと、↑ 立ち上げることが出来ました。まだデビューしたばかりですが、よかったらのぞいて見てください。

[PR]

by kurashiki-keiko | 2017-03-04 09:29 | ニュース | Comments(0)