カテゴリ:パソコン講座( 70 )

西田敏行さんの泣かせる話 衣笠祥雄さんの謙虚さ―「ラジオ深夜便」より

 昨夜、というか28日(土)から29日早朝になったNHKラジオ深夜便の放送を聞いて思ったこと。
西田敏行さんに桜井洋子アナウンサーが聞いていたお話です。西田敏行さんは5歳で養子になったその両親は、とても深い愛情で育ててくれたこと、映画好きなお父さんが彼を自転車に乗せて町の映画館に行き、6本立て!の映画に丸半日いた事、そこで町の食堂でご飯を食べさせてくれた時の話。田舎から出てきて初めての外食らしい女の子2人連れが、メニューの中で一番安い盛り蕎麦を頼んだはいいけれど、食べ方がよくわからない様子で、つゆをお箸でそばにつんつんとつついて食べかけているのを見て、彼は(そうじゃないんだけどなあ)、と思っていたそうです。すると、お父さんは盛り蕎麦を頼み、その女の子たちに見えるように食べ始めたそうです。それを見て女の子たち、食べ方が分かった風で、後から食べ始めたとの事。西田さんはその思い出話をしながら突然こみ上げるものがあったようで、「ごめんなさい、つい…」と涙しておられたようです。やさしい親父でした、としみじみ語っておられました。
 それからもう一つのエピソードは、町の映画館に「七人の侍」がかかった時、どうしても見たくて、お母さんに連れて行ってもらったそうです。いざ館内への扉を開けてみると、ぎっしり満員で立ち見の大人のお尻しか見えませんでした。音しか聞こえず、見えない見えないと言っていると、お母さんが肩車をしてくれたそうです。約2時間、お母さんはずっと彼を肩車して見せてくれ、おかげで彼は封切りの「七人の侍」を見られたそうです。
 ずっと後になって、テレビでやっていたのを見て、初めてお母さんは、「やっと七人の侍の筋が分かった」と言われたそうで、それを聞いて申し訳なさでいっぱいになったとの事。
 養子ではあったけれども、ご両親は愛情いっぱいに育ててくれたのだということ。
 この事を番組で聞きながら、この事実はあったにせよ、それを子供として感じる心を持っていることが大切だと、深く感動しました。
d0031853_11252821.jpg
 続いて、先日亡くなられた衣笠祥雄さんの話。宿舎を抜け出して遊んで帰ったら夜中にちゃんと監督?が待っていて、「さあ、始めようか」とバッティング練習を促されたということ。一言も叱られず、ただ、やるべきことをやれ、と言われたことが、叱られることよりもよほどこたえた、との事。そして、自分があれだけの出場回数を重ねられたのも、機会を与えてくれた監督のおかげだったことなど、彼自身の努力のたまものでもあったはずだったけれども、あくまでも謙虚な語り口で静かに語っていたのがとても印象に残りました。野球にはほとんど興味のない私ですが、一芸に秀でた人というのは、それなりの物をもっているというのを改めて感じた語りでした。

[PR]

by kurashiki-keiko | 2018-04-28 11:35 | パソコン講座 | Comments(2)

サマーコンサート

d0031853_01304567.jpg
倉敷市児島下の町のケアハウスロイヤルウイングにて、混声合唱団ジョイ・エコーのコンサートがありました。
こちらは広い敷地に様々な福祉施設の建物があり、その一つでした。
集まったお年寄りの中には地元ですので団員の知り合いの人もおられたようです。
事前に市民活動センターで印刷した、できる限り文字の大きい、全曲の歌詞を印刷したプログラムをお配りしたことと、懐かしい親しみ深い曲目ばかりだったので、皆さん口ずさんでおられる様子が見てとれました。
 なんといっても聞くばっかりよりご自身で歌うほうがずっといいと思います。
曲目は「夏は来ぬ」「椰子の実」「海・われは海の子」「夏の思い出」
間でピアノ伴奏つきでみんなで歌おうコーナーでは「みかんの花咲く丘」「ドレミの歌」。
そしてわらべ歌の「通りゃんせ」「ずいずいずっころばし」「あんたがたどこさ」、民謡「五木の子守歌」
職員さんに事前に頼んで?「アンコール」の声にお応えしてのアンコール曲は、近頃シリーズになっているauの桃太郎、金太郎、浦島太郎、一寸法師の歌を合わせてアレンジした指揮者オリジナルの「太郎物語」でした。




[PR]

by kurashiki-keiko | 2017-07-19 01:46 | パソコン講座 | Comments(0)

ファイル喪失ショック

 
d0031853_315610.jpg
 これまでずっと続けてきた家族新聞のファイルが、昨年9月分からの1年分が失われているのを、そろそろ今月分を編集しようかと開けてみて発見!!

 毎月、前月のファイルを開いてそこからこの月の出来事を書き出しているのですが。
 プリントアウトしているものをもう一度スキャンしなおせばよいとはいうものの、Wordで作っている生原稿が無くなったショックは大きいです。
 いろんな方面のこの1年分のファイルがどうも抜け落ちてしまったみたいです。
[PR]

by kurashiki-keiko | 2016-09-18 03:05 | パソコン講座 | Comments(2)

ホームページの修復完了…思えば遠くへ来たもんだ

 パソコン講座で習い始めて1年半でホームページを作りました。トップページの日付によると、2000年の9月14日だったようです。
本当にわけもわからず、ソフトの説明書もろくに読まずに行き当たりばったり、よくもまあ。
ということで素人感丸出しのサイトです。
そして無理やりそちらの係を買って出て、思えばもう16年。
1年ごとの持ち回りが原則、ということで、2,3人の人の手に託したこともあったのですが、あまりうまくいかず、以後ずっと私が管理しています。立ち上げに比べると少しの更新などはなんということもなかったのですが。
 それが、このたびパソコンが古くなって不調になり、息子の手を借りて中身をすべてやり直したおかげで、ホームページのファイルもガタガタに吹っ飛んでしまいまして、えらいことになりました。
 幸い、使用していた写真などはなんとか保存できていたので、それを基にイチから作り直しました。
URLがあまりに長くてみっともないので、この際もっと短くてかっこよいのに変えたい、と全国友の会の各地のホームページのURLを調べてみると、うちの団体と同じサーバーを使っている団体も3つ4つ見つかりました。また、独自ドメインを作っていらっしゃる団体も多くありました。
 しかし、予算の関係上、「無料で」しかも「なるべく広告の目立たないの」などという虫の良いことと合わせると、ほぼそののぞみはかないませんでした。
 したがってあきらめて元のにそのまま居座ることにしました。意気込んでいたのでちょっと残念です。夏の間の努力の跡、は、画面からは全然見えませんが、とにかく一度壊れたのを再構成するというのは、熊本城ほどではないにしても、結構な労力でございました。
 あと、できていないのが「アクセスカウンター」。ジオシティーズのサービスが終了してしまい、無料のアクセスカウンターで具合の良いのがなかなか見つからなくて。ご存知の方、お教えください。

 こちらですのでよかったらのぞいてみてくださいませ。
http://www.geocities.jp/kurasikitomonokai/index.html.html
d0031853_1033969.jpg

下手な技術ですが、やっぱり継続は力なり、ですね。
[PR]

by kurashiki-keiko | 2016-09-15 10:33 | パソコン講座 | Comments(0)

写真が・・・失われた

 先日パソコンを組みなおしたのですが、ふと昨日気づくと、時系列に1か月ごとに作っていた写真のフォルダが、昨年の9月分から今年の8月分までがごっそり消えていることに気が付きました。
 母が最期にみんなと写った写真は次男が撮ってくれたのでまたもらうことにしますが、貴重な1年の写真が消えてショック。
 それに、家計集計も、日頃は手書きで、月ごとの集計だけをエクセルで作っていたのが、昨年のが消えていました。幸いプリントアウトしていたので、修復することはできましたが、時間がかかりました。
 これまでも2005年の分の写真がかなり少ないのはそういうわけ。あーあ。パソコンも永遠というわけにいかないですね。それならば、明治期以来のモノクロの古びたアルバムの写真のほうが長く保存できているじゃないの、ということですかね。
[PR]

by kurashiki-keiko | 2016-09-07 15:54 | パソコン講座 | Comments(0)

ホームページの作り直し作業の一日

 友の会のホームページも、PCの作り直しとともに、一つ一つのファイル名が長すぎることがわかり、ファイル名を写真の一つ一つ、フォルダ名も一つ一つ短く付け直し、そうするとリンクも一々やり直す羽目になり、見た目同じ画面でも修復に非常な時間がかかっています。
 「どこかへ行きたい病」の夫、特に退職後日中家にいるものですから、ウイークデーといえども「さあ、今日はどこかへ行こう」と言い出すのを、「とんでもない、私、忙しいんだから」というと、不満そうにテレビの前でごろ寝の体制。困ったものです。
 24日(水)は丸々一日そんな細かな作業ばかりしていて、夫はごろごろとテレビのお守り。さすがに私もまずいと思って、夜のお散歩に出かけました。たまたまその夜は割合よい風が吹き、ことに南北に向いた農業用水のわきの道は気持ちよくて、夫が東西の方向の住宅街のほうへ向いて行きたがるのを、涼しいほうがいいよ、と川沿い一周コースに誘いました。運動不足解消、とまではいきませんでしたが、少しばかりのリフレッシュはできたみたいでした。
 「ホームページビルダー」も現在のよりだいぶ古いバージョンなので(14)どうかなと思いますし素人の手作り感いっぱい、私の今のスキルでは精一杯、後継者が出てくれると喜んで譲りたいと思いながら、ちまちまと作業を続けています。
[PR]

by kurashiki-keiko | 2016-08-25 22:58 | パソコン講座 | Comments(0)

デスクトップのカスタマイズの勉強

d0031853_1130930.jpg
まだWindows10の使い勝手に慣れなくて苦戦中です。
ようやく「ペイント」と「メモ帳」のありかがわかり、デスクトップに張り付けることができました。
あと、これまで使っていた「縮小専用。」のソフトをダウンロード、何度もしているのですが、どこに行ったのやら、インストールにこぎつけられません。恥。

昨夜、合唱練習の帰りに簡単な説明書を買っては来たものの、自分の望む部分の説明になかなか出会えなかったりして、当分苦戦しそう。パソコンにしっかり向き合う時間が夏休みだから助かります。
とはいえ、昨日は委員会で半日座っていて、座っているだけでかなりくたびれました。
[PR]

by kurashiki-keiko | 2016-08-24 11:33 | パソコン講座 | Comments(0)

PC組み替え中。

d0031853_15132980.jpg
部品が午前中に配達されたものの、息子は家族サービスにいそしみ、午後3時、やっととりかかってくれました。、

iPhoneから送信
[PR]

by kurashiki-keiko | 2016-08-21 15:13 | パソコン講座 | Comments(2)

パソコン部品の注文

 水曜日、パソコンショップの偵察に行ったのでしたが、金曜日、たまたま仕事から早く帰宅した息子は、今は円安?で部品を買うのがお得なんだとかで、アマゾンで(もちろん私の名前・費用で)あれこれ部品を注文してくれました。こちらです。

d0031853_2359477.jpg
合計で85,000円くらい。
 今のパソコンが壊れかけている原因は、2本あるメモリのうち1本が壊れているらしいことがわかりました。
 それと、今何の部品がどうなっているかを見てくれて、たまたま次男が使っていなかった部品を間に合わせに使っていたり、今では考えられないくらい古いのを使っていたり、かなりお粗末なのを使っていたらしいことがわかりました。
 私は、「出来るだけ快適に使えるように頼むわ」というと、「オフクロは動画を見たりいじったりするでもなし、それほどのヘビーユーザーではないからこの程度でよろしい」と、日頃の私の使い方を知っていて言うのだから、まあお任せするしかありません。
 ただOSはいつかは更新するのだからこの際Windows10にすること、ディスプレーは買い替えずに今ので済ます事にしたい、ということだけ注文しました。

 ネット通販なので、金曜午後の注文でお急ぎ便にしてもらってもたぶん組み換えに取りかかれるのは日曜日になるだろうとのこと。それと、ハードディスクが壊れたわけではないので、データは移し替えが可能とのことで、それだけはほっとしました。
[PR]

by kurashiki-keiko | 2016-08-20 00:07 | パソコン講座 | Comments(2)

SSDって何?

 現在の、息子が組んでくれたデスクトップPCのハードディスクがそろそろ危なくなってきたようなので、息子に診断を仰ぐと、「SSDを手に入れないと」との事。
 「SSDって何?」・・・
という事で、何年ぶりかで、かつてパソコン教室時代にはわからないなりにしょっちゅう通っていたアプライドへ行って見ました。
 すると、店内入口正面の壁に、「これからはSSD」というキャンペーンのポスターが一面ずらーり。ふーん、このところパソコンのそういう機能的な情報にはすっかりご無沙汰だった私、少々の衝撃。仕事中の息子に電話し、「SSDって、いったいいくらのを買えばいいの?」とか聞くと、512MBだとか。
 ドキドキしながら階段を上がって売り場に入ってびっくり。
 何年も行っていなかったので配置が変ったのはもちろんの事、ディスプレー全体が大きく変わり、しかも空間が広い。思えばWindows98の時代から、さっぱりわかりもしないのに通い詰めていた時代にはもっと通路が狭かったと思うのに、売る内容がきっとどんどん変わった物でしょう。店員のオニイサンはイケメンぞろいで皆さん耳に連絡用のイヤホンをつけて動いているのは昔通り。
 で、1人を呼び止めて、事情を説明。向うは、どのくらいの程度のパソコンユーザーなのかをもちろん聞いてきます。「とにかく写真が一杯。Photoshopエレメンツも使い、WordもExcelも記録用ファイルが一杯。ホームページも作っているし、パワーポイントも時々使う」とかいうと、SSD搭載のノートパソコンを勧めにかかるので、そうじゃなくて、自作物のパーツとして購入することを言うと、パーツの売り場へ。大体16,000円から20,000円くらいか。
 次に、今はWindows7だけれども、10に更新するとすると、息子はタッチパネルでないと不便だというがそうかと聞くと、いや、別にそんなこともないとのこと。これで出費が抑えられる、とちょっとホッとしました。
 それと、あと何年かは7のサポートがあるので、それが切れるまで使うという手もある、とも言われました。が、どうせ更新するならちょっと早めに使って早めに慣れるのがよいかと、この夏休みはチャンスかと私は思っています。

 で、そのWindows10のOSはというと、ほかのパーツと組み合わせての販売になるとかいうので、ちょっとえーッという感じ。ま、息子に相談だわね、と思って偵察終了。

 にしても、これまで結構快適に使ってきたので、またPCを1から組み直すことになると、3,4日はフリーソフトを入れ直したり、色々と大変だなあ、と、今週末が楽しみでもあり、色々問題起こして立ち往生するんだろうなあ。体力蓄えておかねばと思ったり。
 また夫がどこへも行けないとブーイングだろうなあ・・・・
[PR]

by kurashiki-keiko | 2016-08-18 11:08 | パソコン講座 | Comments(0)