カテゴリ:うれしかったこと( 245 )

縫い物 洋裁グループにて

 毎月第4月曜日は基本的の会の洋裁グループの日で、これまで十何年も出たい出たいと思っていたのに翌日の委員会の準備が忙しい役目だったのでなかなか時間的に無理だとあきらめていたのです。ようやく昨年あたり、「白いスモックエプロンを縫いましょう」という呼びかけに答えて、子どもが生活団に入って以来もう40年ぶりくらいに白のスモックエプロンを縫い上げました。続いて孫の子供用エプロンを縫い、そして今回は、うまく縫えたらセールに出来るかと、胸当てエプロンを裁ちました。
 何しろ折り紙がきちっと折れないという性格なので、最後までうまくできるかはわかりません。が、何度も縫ううちに手が覚えるかと思って、縫ってみることにします。

[PR]

by kurashiki-keiko | 2018-04-23 22:16 | うれしかったこと | Comments(0)

春が来た 路傍に病院に倉敷美観地区に

 3月26日(月)、きょうもおだやかな春の日差しが降り注ぎ、みどりのそよ風、いい日だね。
というわけで午後からお散歩に。
d0031853_22575190.jpg
 フェンスにたっぷりとあふれるように咲いているユキヤナギ。明るくて大好き。
d0031853_22590425.jpg
こちら、ご近所のゴミステーションの足場のアスファルトですが、・・・
d0031853_22595182.jpg
よく見ると割れ目からスミレが咲いています。逆境にもめげず置かれたところで咲いています。けなげですねえ。
d0031853_23004486.jpg
こちら、24日(土)にも写真をUPした倉敷中央病院敷地の南側の桜並木です。五分咲きくらいに見えます。先日ご町内にお花見会が4月7日(土)にあるとの回覧が回りました。毎年紅白の幕をめぐらして入院患者さんや医療従事者、そして私たちみたいなご近所まわりにも、飲み物やら露店の軽食をふるまってくださるので楽しみにしているのですけれども、この分では7日には葉桜になっていそうです。119.png
d0031853_23041784.jpg
 こちらは中央病院の西側に建設中の塀の絵です。今は地下駐車場の大きな穴が開いていて、鉄筋の組み立て中です。健康診断をする建物が新たに建つのでしょう。ここらあたり一帯は倉敷中央病院の駐車場やらなにやら、関連施設が続々とできています。
 
d0031853_23064352.jpg
 で、また倉敷美観地区へやってきました。実は、倉敷美観地区一帯は月曜日が定休日というお店が多くて、月曜日に来るのはNGなんです。で、土曜日のすごい人出ほどではありませんが、時候がよいので結構やっぱり人出はありました。若夫婦が赤ちゃんと一緒に自分たちで腕を伸ばして記念撮影していたり。「写しましょうか」と声をかけるかな?と思いつつちょっといい温かな雰囲気だったのでそのままに通り過ぎました。


d0031853_23092528.jpg
こちら道の奥が昨年末に亡くなられた星野仙一さんの記念館です。あれから結構な入館者があるようで、この日もまた入り口の方は大勢の人でした。
 そして、この倉敷川沿いのごまのお店で黒ゴマアイスと金ごまアイスを夫婦でいただきました。380円なり。胡麻の香ばしい香りのアイスクリームでした。
 また、ぐるりと回って反対岸を帰って、豆菓子のお店には、マスカットのエキスをまぶしつけたというマスカット豆というのがありまして、ちょっと心を動かされたのでした。よそから来た観光客が「マスカットって有名だった?」というのを聞いて「シェア90%くらいですよ」なーんてあてずっぽうで宣伝しておきましたが、岡山の名産高級ぶどうのマスカット、庶民の口にはあんまり入らないせいもあるか?知らない人も結構いるもんですね。大粒で果汁が甘くてぶどうの、果物の王様と言ってもいいくらいなんですが。1房1万円クラスのもあると思うので。

[PR]

by kurashiki-keiko | 2018-03-26 23:27 | うれしかったこと | Comments(0)

孫と散歩がてらゴミ拾い

 お嫁さんが上の孫を連れて出る時間は4歳の下の孫を預かることになっています。23日(金)、半月ぶりにお散歩に行くことにしました。
前回は振り込みの為にそれまでは通らなかった車の多い道の歩道を歩いてコンビニまで行ったところ、舗道の植え込みにペットボトルやジュースの空き缶、たばこなどのゴミが多数落ちていて、孫が「ダメねえ」と大人の仕業が信じられないという風な言葉を発していたのが気がかりでした。
 で、今回はスーパーのレジ袋と火ばさみを持ってゴミ拾いをして歩くことにして家を出ました。

 例によってご近所の門前に咲いている水仙の花の香りをかいでみたり、用水の上に落ちた葉っぱが流れに乗っていくのを追いかけてみたりと、楽しく歩いているうちに問題の車の多い道に到着。そこからはゴミを探し、拾いながら歩道を歩きました。そこへ行くまでにからからに乾燥した犬のふんを3か所で拾いました。
 草花の苗をこれから植えるのか、土の出ている部分には何も落とされていませんでしたが、植え込みの低木がある箇所には、その木の陰に隠れるようにジュースの空き缶2個、なぜか殺虫剤のスプレー缶を1個、軍手の片方が一つ、何かのシート1枚、などなど。
 コンビニ前の駐車場ではたばこの吸い殻3本。もっとあるかと思ったけれど意外に落ちていませんでした。
 結果的に歩いてみてスーパーのレジ袋一杯にゴミがありました。田んぼの中に投げ込まれたものもありました。

 孫がいなかったら私もこんな行為はたぶん恥ずかしくてできなかったことでしょう。本当はゴミを落としていく方がよほど恥ずかしいはずなのですが。
かわいい4歳の孫が赤いフード付きのコートを着て赤ずきんちゃんみたいにトコトコと一緒に歩いて、ゴミを見つけてくれるおかげで、私も軽やかな気持ちになって、舗道のゴミ拾いをすることができました。

[PR]

by kurashiki-keiko | 2018-02-23 21:04 | うれしかったこと | Comments(1)

幼稚園バッグ完成

 生地を買いに行くところから付き合って何回目か?
 14日(水)午前の2時間でついに完成しました。裏地のない方からと、ちっちゃな歯ブラシ入れからコップ入れ、着替え袋、裏地のつくお弁当袋、上靴入れ、そして絵本袋?、最後がランチョンマット。
 ゆっくりゆっくりのミシンかけで、途中絵本袋の口のところの分厚い所で無理に引っ張ったためか針が折れるというハプニングもあったりして針のつけ方も実習できました。2時間ずつでもゆっくりでも着実に、少しずつできて完成できたことはとても彼女の為によかったと思います。
 写真をお見せできないのは残念ですが、何しろ指導者がこの縫物下手の私ですので、細かいところは本当に申し訳ない位にできていないのですけれど、ともかくも形になって、入園準備品ができてよかったです。

[PR]

by kurashiki-keiko | 2018-02-16 17:42 | うれしかったこと | Comments(0)

幼稚園バッグを教える

 先日お嫁さんのために孫の入園バッグ類を教えていた私ですが、たまたま9日(金)、友の会の「おさなごの会」の集まりで、お母さんたちに好きな縫い物を持って来て縫いましょう、という機会がありました。
 日頃時間のない子育て中のお母さんたち、その中にお一人、幼稚園の入園バッグの布を持参した人がいたではありませんか。縫物下手を自認する私でもそれならできるかも、とお手伝いすることにしました。
 超初心者と見えて、チャコも物差しも持っていないと言うので、見えない部分だからとボールペンで印をつけてから布を裁断するところから。「布の横地はこんな風に少し伸びるけれど、縦地は引っ張っての伸びないの、だから袋は縦に取らないと」というと、目を丸くして「なるほど、そうなんですね」。(学校の家庭科はこれも教わらないのかしら)
 裏地と表地が同じサイズにできている見本を見せてくれたのですが、持って来ていた裏地用の無地の布は長さが足りない。表地をその分長めにとることにして裁断。
 表地の表に、持ち手の紐を位置を確かめながら乗せ、裏地の表側を重ね合わせて縫ってもらいました。糸も持参していなかったのですが幸い薄いピンクだったのと、縫う場所が表からは見えない箇所だったので白で。
 先日の上靴入れで、このひもをはさむ側がよくわからなくて何度もYOUTUBEの動画を見て確かめたので、今回はすいすいとできました。この人はDかんも用意がないと言うので、上靴入れのためにはそれも必要なことを説明しました。
 時間が1時間くらいしかなかったので、名前のシールをアイロンで貼り付けた上にミシンで周囲を縫いつけることで時間切れ。次からの手順をお教えして終りになりました。
 それにしても、縫い物は下手だと自認している私が、偶然にもお教えすることができてこちらこそうれしかったことでした。
 上のお子さんの袋は、布地やさんにお金を払って縫ってもらわれたそうですが、今度は頑張ってご自身で縫ったら時間と手間はかかるけれどその分達成感があるし、お子さんもお母さんが縫ったことで喜んで持ってくれることと思います。

[PR]

by kurashiki-keiko | 2018-02-10 02:13 | うれしかったこと | Comments(0)

縫い物

d0031853_00095160.jpg
孫の幼稚園バッグの縫物の手伝いをして何回目?7日(水)午前中、上靴入れが完成。裏付きなので、この持ち手の部分をどこにどうやってつけるんだっけ?と、何度もYOUTUBEの動画を見ては確かめてくっつけました。1回につき2時間ずつしか取れないのと、ゆっくりゆっくりのミシン使いなので、本当に少しずつの進捗状況です。
 にしても、縫い物の下手な私が教えるなんて全くもってあり得ないことと思っていましたが、さらに縫い物経験のないお嫁さんになんとか裏付きの袋を教える羽目になろうとは。いい加減な性格なもので、ほんと、ひもの長さもいい加減、Dカンを止めるほうの紐が長すぎたなあ…。よく縫える人から見たら本当に恥ずかしい出来具合ですが、なんとか形になりました。
 残るは手提げ袋と、ランチョンマット。あと1回で終わるかな?

[PR]

by kurashiki-keiko | 2018-02-08 00:15 | うれしかったこと | Comments(0)

孫たちの「雪」体験

d0031853_02095470.jpg
 子2人が家族を連れて、県北に雪遊びに行ってきました。
次男の方はお嫁さんと付き合っている時期から時々行っていたらしいのですが、長男夫婦は初めての積雪シーズンのお出かけ。お正月に湯原に行くと言うので初めてラジアルタイヤを履いたので、せっかくだからというので、兄弟一家で出かけたそうです。
 それぞれの2歳、4歳、7歳の子どもたち、雪遊びに大喜びしたそうです。この寒さで雪は大人の膝よりも深く積もっていて、しかもパウダースノーだったそうです。4歳の孫が楽しみにしていた雪だるまはそんなわけで作れなかったそうですが、水分が少なくてサラサラだったので服がぬれることもなく、はたけばぱっと落ちてくれて好都合だったようです。
 普通のスキー場ではなくて、斜面を利用してすべり台みたいに滑ったり、次男がバターンと雪の中に倒れこんだりする動画をLINEで送ってくれて、楽しんでいる様子が見てとれてよかったです。スキー場ではないので人も少なく、楽しんでいたようです。
 こちらジジババはあたたかい室内でそれらの画像を見て楽しむことができました。

[PR]

by kurashiki-keiko | 2018-01-28 00:33 | うれしかったこと | Comments(1)

お料理勉強会

 仲間内の小さなお料理講習に出かけてきました。会費は一部材料費込みで500円。卵4個、生クリーム、鶏ミンチ100g持参。
作ったものは、ロールケーキと印籠煮。印籠煮というのは高野豆腐の中に切り込みを入れて鶏ミンチと野菜を混ぜた具材を詰めて煮るというもの。
 久々に料理教室の類に参加するので少しの緊張もあったのですが、なんと行きがけにY字の分岐点を入り間違えて大回りしてしまい、少し遅刻。行くと始まっていました。材料を計るのが終わっていました。
 まずはロールケーキの生地を泡立てるところから。私、日頃の性格が災いして安売りの卵を持参したら、まず黄身の色が違い、ケーキ自体の膨れ方も違った。やっぱり卵はいいのを使わないと。
 それと、生クリームの泡立て、立てすぎると分離すると思って気を付けていたつもりなのに、あっという間にバターになりかけて、同じテーブルのMさんのと合わせてもらって何とか。
 それにしてもみんな小さな失敗があり、そのたびにドンマイドンマイという感じで、なんとか考えて乗り切り、やっぱりその辺柔軟な頭がないといけないなあと、和やかなふんいきになったようだ。
 印籠煮の高野豆腐、私などは不器用なので外側の高野豆腐にミンチのついた指がついて汚れてしまったけれど、器用な人は外のほうもきれいに詰められていて、やっぱり違うわ、と思ったことでした。
 印籠煮を煮ている間にロールケーキのスポンジにホイップした生クリームを伸ばし、イチゴは高い時期なので缶詰の黄桃をいちょう切りのように切ったものを乗せてまきました。
 缶詰のシロップはもったいないので私がみんなの分をもらって帰り、寒天で固めてデザートに。
 印籠煮は今夜の献立には合わなかったので明日の献立の一つに入れる予定。ロールケーキは人数の割合で切り分けて夫とお昼のデザートにいただきました。スポンジが卵のせいでふくらみが今一つだったかと思ったものの、まずまずの出来栄えでよかったです。焼き時間も薄いから短いので、間に入れる生クリームだけ買っておけば比較的簡単にできそうなお菓子でした。
 写真を撮らなかったのが残念です。


[PR]

by kurashiki-keiko | 2018-01-11 23:06 | うれしかったこと | Comments(0)

みんなで楽しいお正月

d0031853_15340239.jpg
お節料理を食べて2時過ぎから、長男一家と同乗して湯原へ。半年前にようやく取れたお正月のお宿です。
数年前から、息子や娘の一家と全員で1月1日に一泊して遊ぶことにしていて、我が家でワイワイというのがいいのでしょうが、私が楽させてもらえるということが一番で、お正月料金はお高いですので、一昨年までは全額親負担、昨年は夫退職のため子供の一家の分は子ども負担、それではかわいそうかもと今年は半額だけ親負担で泊まりました。
 
d0031853_15282027.jpg
温泉は、女性は屋上露天風呂に行き、洗い場は寒くて震えましたが、ちらつく雪を見ながらのんびりと浴槽につかりました。男性はこの日は大浴場で広々あたたかかったそうです。
 お楽しみの夕食は結構豪華で、小食の孫はあまり食べなかったそうですが、猪肉のトマト味鍋とか、カニ味噌入りの寄せ物とか、千屋牛ステーキとかいろいろといただきました。
 夜は
d0031853_15283252.jpg
カードゲームなどをお部屋でワイワイ。恒例番組の芸能人格付けチェックなどもTVで見たりしながら、9時ごろ就寝。早く寝たら3時ごろ目が覚めてしまい、スマホでゲームをしていた人が2人ほど。
 2日早朝6時前頃からまた温泉へ。今度は男性と女性のお風呂場が入れ替わっていて、男性は氷点下だったかもしれない屋上露天風呂に行ったそうです。
 9時ごろチェックアウトし、有名な湯原の露天風呂、砂湯の見物に。するとっ。
d0031853_15285499.jpg
なんとまあ刺激的な、直接的な表現の看板。驚きました。
d0031853_15431322.jpg
歩いていくと、
    
d0031853_15432890.jpg
 こちら、有名な湯原の「砂湯」露天風呂です。
   
d0031853_15433671.jpg
 冷え込んでいる朝でしたが、入浴中の人の頭が見えました。
さすが。
  散策ののちに、皆とお別れしました。
孫たちはいとこ同士はしゃぎまわって楽し気に遊んでいて、よかったです。



[PR]

by kurashiki-keiko | 2018-01-02 15:46 | うれしかったこと | Comments(0)

洋裁グループに参加して

 18日(月)、友の会の洋裁グループに参加しました。私の母はその昔、花嫁修業で洋裁学校も卒業したので、高校の制服やスーツまで縫ってくれていましたが、娘の私は学校の裁縫の宿題を手伝ってもらったし、全くの不器用で恥ずかしい限りです。ただありがたいことに母が縫ってくれていたので門前の小僧で洋裁用語だけは少しはわかることと、友の会の幼児生活団に子供を入れて頂いたおかげで、子どものパジャマやスモックなどは縫えるようになりました。
 それにしても断捨離が急務の昨今、昔むかし購入したままになっている布類をできるだけ作品の形にして少しでも減らさなくては、と思います。そこでブルーの地にかわいい小花柄のプリントの布地を持参。
 色がブルーなのと割合しっかりした生地で透けないので、簡単な作り方の本を探し、ファスナーなし、袖付けなし、のかぶって着るデザインのワンピースを作ることにしました。本に型紙がついていたので重なり合った中から自分の希望のデザインを写し取り、Yさんに教わりながら大きめに裁断。
 印付けにあたり、私、しっかりとルレットで印をつけて、切りびつけが当たり前と思っていたYさんに呆れられました。だって自分が着るのだし、切りびつけ、めんどうだもの。ここらあたりもケーキ作りと同じで私の雑な性格が出ています。
何しろ前身ごろと後ろ身頃の2枚しかない型紙なので、仕付け糸でざっと仮縫い。
 用尺がそのままでは足りないところを丈を10㎝ばかり詰めても身長が低い私なのでちょうどよく、何とか足りました。
 10時過ぎから始めてお弁当タイムには楽しくおしゃべりし、2時半過ぎまでで、単純な構造だったので何とか形が出来、首周りのパイピングの始末と袖口と裾を残して終了。簡単な物でも形になってくるのは楽しいものですね。
 切りびつけの仕方の映像がありましたのでリンクしておきます。↓
 
 
 

 

[PR]

by kurashiki-keiko | 2017-12-19 00:36 | うれしかったこと | Comments(0)