<   2007年 11月 ( 24 )   > この月の画像一覧

ホスピタルアート


またテレビを見ての話題です。
タレントさんと同姓同名ですが・・・中山忍さんが病院に壁画を描いていると言う話題がNHK岡山ローカルで報じられていました。(ちなみに私のブログのトレードマークのイラストは彼女にもらったタイル絵をスキャンして使用しています。私の姿に似てません・・・)

童画家の中山忍さんです。中山は旧姓ですがその名前で活動しています。彼女には2人のお子さんがいて、女の子が入院したときに病院の真っ白い壁が気になったそうです。無味乾燥で余計に気分が滅入るようだったそうです。何か楽しい絵を描いたら・・・と思ったそうです。d0031853_232645.jpgd0031853_2322498.jpgd0031853_2324629.jpg

依頼されて描いたのが、左は神戸の歯科医院、中は高知の産婦人科だそうです。彼女の個展を見て依頼されることも多くなってきたそうです。

d0031853_2332112.jpgd0031853_2362972.jpgd0031853_2365167.jpg

タオルを押し付けて描くという彼女独特の方法で、柔らかな輪郭を描いていきます。d0031853_2375183.jpgd0031853_2381324.jpgd0031853_2391529.jpg

先日、山陽新聞社のさん太ホールで個展をされたのですが、わたしは足を運ぶことが出来なくて残念でした。
彼女は、前にも書きましたが、実家が私が前に住んでいた家のお向かい同士でしたので、高校生の時分からの知り合いです。高校のときから絵やデザインをしていて、紆余曲折の末にたった一人で個展を開いたのが岡山の安田信託銀行ビルの地下ギャラリーで、その名も「はじめまし展」でした。1人で交渉して絵を運び込んで飾って番をして、という手続きをずっとずっと続けていて、偉いなとずっと思って応援してきました。
 その後はベネッセの教材の付録の表紙だとか、生協の子供向け家具などのキャラクターデザインだとかカバヤ食品のホームページの童話の挿絵を描いたりと様々なところに絵を描いたり、また小さな小さな絵本の形でお便りを郵送したり、チボリ公園でモザイク画のワークショップを開いたり、実家の近くの保育園に壁画を描いたりと様々に活動しています。
 このホスピタルアート、柔らかなタッチの童画を描く彼女の画風にはぴったりの活動ではないかと思えます。冷たくて白いばかりの壁がこんなほのぼのとした動物や小人さんたちに囲まれていたら、それだけで微笑みたくなります。がんばって沢山の病院にあったかい味わいの絵を描いていただきたいと思いました。

以前の中山忍さんの個展の記事→こちら
[PR]

by kurashiki-keiko | 2007-11-15 23:22 | 新聞・テレビから思う | Comments(2)

生きてる限り健康に

昨日のことです。
おばあちゃん(義母)が、今年の市の健康診断の表を持ってきて、
「例年早めに健康診断を受けるのに、今年はぐずぐずしていて乳がんと子宮がん検診がまだだったから中央病院に予約しに行ってくるわ」d0031853_1615784.gif
私だったら、予約センターに電話で事足りると思うのですが義母は、対面して分からないところは質問してからでないと予約も安心できない性格なので、ま、散歩がてらに行ける片道10分ほどの距離でもあり、送り出しました。「友達で検診受けてる人はまあ、おらんわ」とこぼしつつ出かけました。
87歳、平均寿命を越え、よたよたながら元気な義母、時によったら「だいぶボケておかしゅうなったから、はよう逝ってしまいたい」などということもありますが、やっぱりガンは怖いと見えます。
というよりは、どうせ生きるなら元気で長生きしなければ生きる価値がないという確信をもっているからこそ、こうしてこまめにあの年でちゃんとがん検診を受けるんだわ、と思うと、最初、「死にたいといっているのにがん検診なんて・・・」という矛盾すら感じていたのですが、やっぱり「あの人は偉い」と思えてきました。
 やっぱり、人生の達人のそばにいると学ぶことが多いと思います。
[PR]

by kurashiki-keiko | 2007-11-15 16:03 | 老いということ | Comments(4)

夫婦で活動弁士


d0031853_15312615.jpgd0031853_15314664.jpgd0031853_1532226.jpg

d0031853_15323774.jpgd0031853_1532569.jpgd0031853_15331379.jpg

合唱団のメンバーのご主人が、以前から女性の活動弁士を招いてイベントを開催したのがご縁とかで、このほどご夫婦で組んで活動写真の弁士をなさったそうです。その様子が先日NHK岡山のローカルニュースで流された、と思ったら、今度は本日午後の全国版で流されました。
 上の段の写真はご自宅で画面を見ながら練習したり、プロの活動弁士の女性にアドバイスを受けている様子、下の段はお客様の前で活動弁士をしている様子です。
 実際には家で練習していたものよりスピードが早くて練習していった台本をカットしたり直前に大変だったそうですが。
 今後は老人ホームを回るなど活動を広げて続けていきたい由。
夫婦協力して楽しまれている様子を見せてもらい、ほのぼのとしました。
また、お客さんにも「方言が入るなど色々面白かった」と好評だった模様です。


この番組を午後から家で見て「見たよ、よかったね」と言ってあげたいばっかりに、午前中掃除もせずに走り回っていてやっと、遅いお昼を食べながら見ることができました。
[PR]

by kurashiki-keiko | 2007-11-14 15:38 | がんばったなあ | Comments(2)

高知の日曜市をぶらつく

高知の日曜市をぶらついてきました。 前回は2006年6月でした。←clickすると記事にlinkします。


d0031853_338521.jpg瀬戸大橋は曇ってあまり視界が良好とはいえませんでした。

d0031853_338389.jpg豊浜SAまではまでは私の運転それ以後は夫交代。以前はずっと対面交通だったのですが、、2車線化がが一部出来ていました。。

d0031853_3412236.jpg

d0031853_3414241.jpg
四国山脈の下をくぐる「笹ヶ峰トンネル」、これも4km以上あったんですね。
四国の高い山の下をくぐって・・・高知へと入りました。


d0031853_3433032.jpgいつもの通り、中央公園の地下駐車場へ。

d0031853_3494664.jpgエレベーターで地上に出ると、なにやらイベントの最中。正面のステージでは
全部木で出来た楽器の演奏を披露中。

いつぞやも遭遇した、高知の木材を使ったいろんな加工品のフェアみたいで、
沢山のテントが立ち並び、

d0031853_352341.jpgd0031853_3522798.jpg

d0031853_353848.jpgd0031853_3533364.jpg

d0031853_3544380.jpgd0031853_356490.jpg
椅子や机、積み木やら木のおもちゃ、そして横のほうのテントでは竹に材料を流しては焚き火でバウムクーヘンを製作中。
ああやって作るんだわ、ちくわかと思ったら。


d0031853_410420.jpg


d0031853_424612.jpgd0031853_43558.jpg

公園出口あたりでは、木を材料に子供の障害物競走みたいなのを青年会議所?主催で
実況中継つきでやっていました。途中、のこぎりで間伐材を切るのがあり、
そこで手間取っていたりしました。

そこに流れるバックグラウンドミュージック。

d0031853_4105029.jpg
CDかと思ったら何と、メキシコ系?南米系?の赤いポンチョのおじさん2人が
パンフルートとマラカス(代用品みたい)、ギターをかき鳴らしながらの素敵なハーモニーで生演奏中。とってもいい声。
前になにやら毛皮製品やケーナと思しき縦笛を展示しており、それを販売中なのか?
料金箱みたいなのも置いてあり、客寄せか?
曲は南米の「花祭り」のにぎやかな歌でした。(この曲名を思い出すのにしばらくかかりました。)


d0031853_4131620.jpgさて、その歌を聴きながら商店街に入り、大丸前を右折、「司」へ入ろうかと思いましたが、
いつもそこというのも能がないみたい?で、その手前、角っこの店「早川」へ。
「クエ」のばかでっかい魚がすぐ横に泳ぐカウンター席。

d0031853_4134568.jpg夫はかつおたたき定食、私は「四季の彩り」という定食、こっちのほうが1,050円で安かったです。でもたたき定食の方が実質があったみたい。
とにかく昼食は午後1時でした。

それから定番、日曜市へ。

d0031853_4145988.jpg

d0031853_4152542.jpgまずは春菊とチマサンチェの苗を購入。ついでぞろぞろととりあえず歩いてみました。


土佐の海産物の干物類、手作りの変わった巻寿司、手作りのいろんな色のお餅、自作の
機械編みのセーターやベストを売っているお店、みかんや柿、野菜類(見たこともないかぼちゃなども含まれる)、特産のゆずを絞りながら果汁を売ったり、はたまたアケビやカラスウリ、しいの実などの珍しい山の幸、など。
高知はやっぱり海の幸も山の幸も豊富。
感心しながら写真を撮りまくりました。

d0031853_4292563.jpg

ジンジャーでしょうか??

d0031853_429534.jpgd0031853_4301452.jpg「万次郎かぼちゃ」だそうです。

d0031853_4313860.jpgきれいな色のカラスウリは売り物というより客寄せのようでした。


左は飾り用につるしていたもの、右は売り物のアケビです。d0031853_4322873.jpgd0031853_4324666.jpg

d0031853_4342460.jpg

私の小さいころは近所のため池にも普通に見られていたホテイアオイを売っていました。金魚鉢などに需要があるのかな?

d0031853_4353999.jpgフルーツトマトの生産も盛んです。

d0031853_4362191.jpg天然うなぎだそうです。川の恵みも豊か。四万十川のかな?

d0031853_4372684.jpg

シイの実というのも珍しい。



d0031853_4381939.jpgd0031853_4383661.jpg

そして名物アイスクリンをおやつに食べ、今来た道を引き返しつつ、夫はみかんと干し柿を、私は1束80円のほうれん草、1個50円の大きな次郎柿を買って帰りました。
夫は干し柿が好きなのですが、ここでは丸い形のと、少し細長い形のを売っていて、
そのどちらも見慣れた西条柿とは違うようなので、「種類は何ですか?」
とそのうちの一軒のオバサンに訪ねると、「さあ、お客さんにとても詳しい人がいて、教えてくれたんだけどね、忙しくてメモしそこなって、忘れてしまったわ。
他の人のは山の中に生えている木だけど、うちのはしっかり間を置いて植えているから日が一日中当たっていて、とても甘いのが出来るよ。あ、この2個あげるから、来週きたら大きいのを撮っといてあげるね」と、2個ただでくれたオバサン。
ゴメンナサイね、来週はたぶん来ないのに。


d0031853_4403221.jpg
とても風が強く吹いていました。

・・・・面白かった半日でした。



この記事はメールマガジンWeekly KURASHIKI 週刊くらしき情報に連載中の「Keikoのお出かけ日記(267)」として掲載されます。
上記リンクからバックナンバーがご覧になれます。
[PR]

by kurashiki-keiko | 2007-11-12 00:43 | おでかけ | Comments(0)

義母(はは)が歌を歌う

 87歳の義母との暮しを19日に発表するのでその原稿を書いていて、余計に義母にもっと気をつけてあげなければ、と思うようになりました。
 10日(土)は、義母がいうには「あまり調子がよくないので天気がいいけどお友達を訪ねるのはやめておくわ、いっそうボケてきたみたいだからよろしく頼みます」とのこと、あらまあ、どうしたらいいかしら、と心配しました。
 先日から季節の衣類整理がなかなか出来ず、「適当な箱をもらってきて」というのでスーパーで浅めのダンボール箱を3つばかりもらってきたらまずはそれを日に干して、整理できたのかと思ったら、今度は廊下の端の押入れ下の引き出しを整理していたようで、夕方になっても洗濯物が出たまま。
 取り込みを手伝いました。
 整理が出来ないのは頭の中も整理できないせいとか言いますが・・・(他人事ではなく私も)
 晩ご飯には冷凍のお魚を見せに来て、「これを食べるから後で焼いてちょうだい」と言っていたのに夕食時、何も言ってこないので様子を見に行くと・・・


d0031853_428930.gifすでに主菜はできたそうで、「魚はやめて、肉じゃがみたいに肉と野菜をごった煮にした」とのこと、見れば義母の後ろのガス台では鍋に湯がたぎっており、まな板にはほうれん草の束が。
でも義母はテレビに夢中。
「お母さん、お湯が煮立ってますよ」と声をかけると、
「ああ、今するから。」
と言いながら、なんと、調子はずれながら義母がテレビに合わせて歌を歌っているではありませんか。ちょうどNHKの「みんなの歌」をやっていました。
 曲は先日の私の合唱の発表の「秋のメドレー」にも入っていた「里の秋」。
「♪ ああ かあさんと ただ2人 栗の実煮てます いろりばた」
先日見たこの曲の解説では、昭和15年、戦争に突入したころで、作詞者の斉藤信夫氏は題材に困ったそうです。それでお父さんを戦争に送り出した家族の様子を歌にした慰問の歌にしたのだそうです。だから3番は

さよならさよなら 椰子(やし)の島
お舟にゆられて 帰られる
ああ父さんよ御無事(ごぶじ)でと
今夜も 母さんと 祈ります

となっているのですね。
でも義母は、「昔 母に歌ってもらったような気がする」、というのです。
義母の母親は、義母が女学校に行っている時分にはリューマチで寝付いていたと聞いており、
この曲が作られたころには病床にあったようなのですが、
大変教育熱心で、子供のころは着物を着ていた時代なのに夏休みなどには昆虫採集や植物採集にも遠くまで連れて行ってくれたそうですので、もしかしたら病床で歌っていたのかもしれません。

 それにしても自称音痴の義母、義父の法事でみんな集まったときの夜、カラオケに行ったことがありましたが、皆が懐メロでもと水を向けても決して決して歌おうとしなかったし、嫁に来てから歌を歌うのを一度も聞いたことがなかったので、今回初めて聞きました。
 なるほど調子はずれではありましたが、なつかしい母のことを思い出して歌っていたのかな?

 ともかく、調子が悪いと言うので心配していましたが、夜になってこんな調子だったのでほっとしたひと時でした。
[PR]

by kurashiki-keiko | 2007-11-11 04:32 | しみじみしたこと | Comments(10)

フルーツケーキ、リベンジなるか?


d0031853_3414719.jpg6日の例会午後のセールの食品の検討会であえなく不合格となった私のフルーツケーキに10日、夫が仕事に出る日だったので再挑戦。

d0031853_3425488.jpg前回はバターを練っている途中で何か用事が入って実は中断したような気がします。今回はバターとお砂糖を混ぜた段階で7分のタイマーをかけ、バターが冷たいといけないので人肌くらいのお湯を入れたボールを下にはかせてよーく混ぜました。
 卵も、前回スーパーでわざわざ買ってきたのにあまり白身に張りがなかったので少し古かったのか?今回は木曜に配達された生協のものだったのですが、前回のより状態はよかったみたいです。
 また、しっかり泡立てしたのでベーキングパウダーは小さじ2を1に減らしました。
 焼く温度は前回160度35分と150度10分だったと思いますが、今回は160度50分に変更。
 すると、前回は膨れ方が悪くて山形になって割れなかったのが、今回は最初に種をへこませていたのにしっかり膨らんで山形になって割れ目がつき、ほっとしました。これだとたぶん大丈夫でしょう。
 ラッピングは前回ちゃんとしたので、今回は普通のラップで、焼きの状態だけみてもらうことにします。
 羽仁もと子先生が「家庭は研究室」と言われていたような気がしますが、本当に、料理は理科の実験に似ています。
[PR]

by kurashiki-keiko | 2007-11-11 03:51 | がんばったなあ | Comments(0)

ギャラリーコンサート


9日午後6時半から、児島文化センターの会議室にてギャラリーコンサートが開かれました。会議室に、倉敷芸術科学大学・倉敷市立短期大学・サロン文化村と言うグループの絵画が展示されていました。後で知りましたが、サロン倉敷村の中には岡山県では3人しかいない安井賞を受賞された画家の絵も含まれているそうですし、かつてはあの芥川賞作家の小川洋子さんも在籍なさっていたそうです。
d0031853_23232.jpgコンサートの最初は、軽部りつこさんのオカリーナ演奏でした。自分でオカリーナを作るほうもなさっているとか、普通「オカリナ」と言われているが「オカ」はガチョウのことで、「リーナ」はかわいらしいものと言う意味のイタリア語なのだとか。また、オカリーナにはソプラノからバスまでの大きさがあって音域の狭さをカバーしているのだそうです。
曲目は「月のうた (荒城の月~浜千鳥)」、「ムーンリバー」、「フーガ ト短調」、「カントリー・ロード」、「もののけ姫」 でした。
 素朴な陶器の楽器なのにどうしてあんな透き通ったやわらかな音が出るのでしょう。すっかりうっとりと聞ほれました。

d0031853_1571118.jpg
そして次がわがパストラーレの出番でした。
曲目は、「秋のメドレー(里の秋、もみじ、野菊、虫の声、七つの子)、「赤とんぼ」、(星野富弘さんの詩による)「たんぽぽ」、「ばら・きく・なずな」、そして写真の皆さんご一緒に、「もみじ」「小さい秋みつけた」を歌っているところ。
次いで「大きな古時計」「翼をください」をアカペラで、最後に伴奏つきで「見上げてごらん夜の星を」「千の風になって」でした。

d0031853_284227.jpg

その後は無料のおいしいコーヒータイム。喫茶店の人の出張サービス。
この数年来では一番多いお客様だったと思います。

d0031853_295247.jpg最後は、六ツ森恵子さんとなかま達によるお琴のアンサンブルの演奏。モダンジャズみたいな曲やら、ゆったりとした癒し系の曲やら。
 最後に「倉敷物語」のバックコーラスでパストラーレの女声が入りました。手ぶれの写真ですがこれが雰囲気が出ていましたので。
六ツ森さんは先日開催された「学びピア岡山」の開会イベントで、秋篠宮様の前で演奏する栄誉に浴したそうです。


・・・蛇足ですが、最初に演奏された軽部さんのトークによると、オカリーナ教室の親睦会がこの日昼間あったそうで、「倉敷美しい森」で芋煮会をしたとのお話に、あーっ、と思いました。PC講座の受講生のお2人が「きょうは芋煮をして、そのときの写真です」とその日見せられたばかり。
 彼女に〇〇さんと□□さんが習いに行ってますか?と聞くと、「熱心な生徒さんです」との答え。「きょうは年賀状を作るから休めない」と言っておられました」あら、その講師が私です・・・ということで初対面でしたが話が出来ました。本当に奇遇です。
[PR]

by kurashiki-keiko | 2007-11-10 02:16 | 合唱団 | Comments(2)

NHKスペシャル「眠れる再生力を呼びさませ ~脳梗塞・心筋梗塞治療への挑戦~」を見て

昨夜遅く、NHKスペシャルの再放送をたまたま見ました。
「眠れる再生力を呼びさませ ~脳梗塞・心筋梗塞治療への挑戦~」というタイトルでした。
d0031853_1031362.jpg それによると、札幌医科大学(昔、和田教授が日本初の心臓移植をしたところ)では、脳梗塞で片手が麻痺している患者さんの脊髄から再生細胞を取り出して100倍に培養し、それを点滴で患者さんの体内に入れていました。
 すると、動かなかった左手の指がなんと徐々に動くようになり、リハビリでも運動機能の改善が見られ、また、脳のMRIの画像でも、白かった梗塞の影が小さくなっていたのが分かりました。
 その患者さんはどんどん運動機能が改善し、建築の現場監督の職に復帰されたそうです。

 また、ドイツでは、サッカーをしていて心筋梗塞になった患者さんにこの方法で、心臓の冠状動脈に新しい血管が作られており、再びスポーツが出来るまでに回復している様子が映っていました。
 これは、非情にうれしいニュースだと思いました。
 片麻痺などの脳梗塞後遺症やら、心筋梗塞の不安におびえる患者さんやその家族にとって、是非その方法を確立して広まってほしいと願います。
[PR]

by kurashiki-keiko | 2007-11-08 10:31 | 新聞・テレビから思う | Comments(1)

例会で・・・怪我の功名?

倉敷友の会の11月例会。
私は、最寄の家計勉強の発表。
9月までの「予算と実際」のグラフは3人しか提出できず、(半数)、でもその3人が年間予算をすでに上回っている費目についての説明。私が「催眠商法でうっかりと高価なネックレスを買わされた(買った)てんまつ」を話すと受けたみたい。

d0031853_16394225.jpg


それから、最寄の若い人が、息子さんが野球部でユニホームの洗濯が毎日あり、そのせいで水道料金が高いと思っていたら、なんと漏水、昨年のと照らし合わせてみたら一目瞭然、異常な高さだったこと、念のために最寄メンバーのとグラフにしたら、やっぱり人数にして異常な数値で、裏付けられたこと。(グラフは同じ色は同じ人、点線は昨年)
 そして、m3を出そうとしたら、領収書をすでに捨てている人が3人いたため、私の領収書保存に対する考え方と、保存法を披露したら、それも目先が変わってよかったみたい。
 領収書には大切なお客様番号や相手の連絡先なども入っていて、特に家の修理などの場合は10年単位でとっておかないと記録として役立たないことなど。
 決まった封筒に1年まとめておいておき、10年分(長いけど)取って置いて、11年目がきたら古いのから処分するようにしてます。という話。
 
 どうにか発表が終わってよかった。
[PR]

by kurashiki-keiko | 2007-11-06 16:24 | うれしかったこと | Comments(0)

晴れ舞台―市民文化祭

 2007年11月4日〈日〉、倉敷市の児島文化センターにて、第15回倉敷市児島市民文化祭のたくさんの行事の一つ、音楽コンサートが催されました。

d0031853_2255822.jpg10:30に集合して、楽屋の椅子運び、発声練習の後ステージでのリハーサルを終え、衣装を着けて最後の調整。

d0031853_2275048.jpg
ステージでは例年アンプなどを運ぶ関係で一番に演奏するHAB〈稗田アコースティックバンド、の略)により「黄金の月」他の演奏。転勤でメンバーが減ったみたいです。一番上手だったギター&ボーカルの人がいなくなっていました・・・

d0031853_2303033.jpg舞台袖で出番を待ちます。この時、次に演奏するオカリナグループを指揮する人がなんとなんと「倉敷友の会」の会員だったものでお互いにびっくりでした。他のメンバーも「あら、あの人あそこのグループだったの?」とはじめて知る人もいたようです。



(演奏中の写真は・・・・誰か写していたらまたもらってUPしますが、今のところありません。)ハーモニーはまずまずだったようですが、歌詞がはっきりしなかったのが残念、というのは客席で聞いていた母の弁。母はクラシックの演奏会にたびたび行くので、客席のざわつきが非常に気になったそうです。ま、お祭りみたいなものですから・・・


d0031853_2365898.jpg終わってほっとして、高校時代の同級生メンバー3人、お茶しにいきました。「イーハトーブ」。そういえばこの前のNHKの連続テレビ小説「どんど晴れ」にも同じ名前の喫茶店が出ていましたが、こっちのほうが古い・・・以前私もメーリングリストのオフ会でここのテーブルで集まったことがありました。雰囲気が素敵です。

d0031853_2371793.jpg3人のコーヒーカップはどれも柄が違っていて素敵でした。取り留めのない話をこうしてするのも結構久しぶりというか、このメンバーでははじめてかもしれない。癒されるひと時でした。

d0031853_2394674.jpgそしてまた文化センターへ戻り、こちらは「瀬戸内タンゴアンサンブル」です。曲目は「私の心はバイオリン」「ジェラシー」「ラ・パロマ」、シャンソンの「セ・シ・ボン」、そして最後に「オリジナル曲です。メンバーの作詞、作曲です」というのでどんなのかなと思ったら、「恋の瀬戸大橋」、演歌で、タンゴのイメージとはかなりかけ離れていました。アコーディオン奏者とバイオリン奏者の合作。



こちらは「コール・ヴェルデ」n「東京物語」という、東京を主題にした曲の数々。毎年楽しい衣装と振り付けに凝っています。写真は「東京ブギウギ」で帽子をかぶって踊っているところと「お祭りマンボ」でうちわを小道具に使っているところ。歌より振りを覚えるのが大変そう。d0031853_2422725.jpgd0031853_242418.jpg





・・・最後になりましたが、「パストラーレ」のメンバーの記念撮影です。(clickしても大きくなりません。)
d0031853_314952.jpg

[PR]

by kurashiki-keiko | 2007-11-05 02:47 | 合唱団 | Comments(2)