お正月過ぎの献立は

お正月の献立は皆さんどうなさっているのでしょうか。

d0031853_02110707.jpg
まずは定番、お節料理をつつく、というのが三が日の決まりなのでしょうが、今年の場合、1日の朝はお雑煮とおかずとしてお節の中から田作り、数の子、なますを小皿に取り分けて食べました。
お昼はおせちの重箱を出し、ご飯と(茶碗蒸しを作らなかったので)手毬麩の入ったお吸い物。
d0031853_02352056.jpg
1日夕食は泊まりに行った旅館で。2日昼まで外食。
2日夕食は年に一度のすき焼き。
3日朝は1日と同じように、お雑煮とお節の一部を小皿に。
  昼は1日昼と同じようにお吸い物とお節のお重箱をつつく。
  夜は鍋。この日は生協で買っておいた味噌味のちゃんこ鍋。ゴボウ、ニンジン、豚肉、白菜など。
4日朝からは長男たち一家と別々の食事に。この日はおぜんざいと大根の漬物、お節の残り。
 昼は2日のすき焼きの残りで丼物。
 夜はこちら。
d0031853_02111620.jpg
 時計回りに、白菜の葉先ときゅうりとみかんとレーズンのサラダ。スペイン風?オムレツ(中身はお雑煮の具のごぼう・ほうれん草・にんじんをみじん切りにしたもの)。つけあわせは年末に買っていた小松菜としめじのソテー。白菜の茎のところとにんじん、玉ねぎ、豚肉の細切りのスープ。
5日の朝は年末に作って1食分ずつ冷凍にしておいたミネストローネと、食パンと自家製りんごジャム、牛乳、みかん2個。
  昼はすき焼きの具に少しねぎと豚肉を足してうどんに乗せて肉うどん風。
  夜は
d0031853_02112562.jpg
左から時計回りに豚汁、小松菜と油揚げの煮物、黒豆、冷凍庫にストックしておいた生協のしめさば。

そして6日(土)の夜は、年末に買い込んでおいたマッシュルーム、ハム、ピーマン、チーズをのせたピザでした。種の方は強力粉240gと薄力粉20g?で手でこねて3時半ごろから準備。冬場であまり発酵が進まず慌ててストーブのそばに置きましたけれど。
 天板2枚におおきく伸ばして250℃で15分、その間にきのこのポタージュ(こちらは貰い物のインスタント)、コールスローサラダをいただきました。
ピザだと孫たち大喜びでたくさん食べてくれました。

・・・・というわけで、年末に買い込んだ食料がまだ少しあるものの、7日には息子たちとの夕食の食材を買い出しに出る予定です。

[PR]

# by kurashiki-keiko | 2018-01-07 02:31 | 料理 | Comments(0)

倉敷美観地区を散歩

d0031853_02035750.jpgd0031853_02034841.jpg
d0031853_02040504.jpg
3日、夫と美観地区まで散歩に出ました。商店街の中でふと下を見ると写真のようなマンホールのふたを見つけました。この頃はマンホールカードというのがあったり、マンホーラーという趣味の人々もいるらしいと聞きますが、珍しいのを見つけるとうれしいものですね。

d0031853_02041642.jpg
d0031853_02043726.jpg
d0031853_02042788.jpg
d0031853_02044725.jpg
美観地区の風景はいかにものんびりとしてお正月らしいと感じました。
こちらはあるお屋敷の勝手口にあったお飾りです。
d0031853_02050883.jpg
唐辛子がお飾りにあるのは初めて見ましたが、魔よけになってよいかもしれませんね。




[PR]

# by kurashiki-keiko | 2018-01-07 02:09 | おでかけ | Comments(0)

星野仙一氏亡くなる

 プロ野球の野球殿堂入りしてお祝いの会をしたばかりの星野さんがお亡くなりになった。
昨年11月13日に、倉敷市民会館で民生委員制度発足100周年記念行事の講演を聞かせてもらって間がないので、とても驚いています。
講演の内容によると、星野さんは本当は強かった倉敷工業に行きたかったそうでしたが、弱かった方の倉敷商業へ行き、甲子園へ行くことができなかったそうです。明治大学の野球部では甲子園に行ったことのある人が優遇されたのでなにくそと、目立つ方法を考えてなんとかグランドに入れるようになり、成績を残すことができたのだそうです。
 ユーモアあふれるお話で、その後の監督人生を含め機を見るのにうまい人だったのだなという印象です。ここぞというときに決断できるかどうかで人生の道筋が違ってくるということはこの人を見ればよくわかる気がします。
 あんなにお元気そうだったのに、わずか2か月足らずでお亡くなりになるとは、驚きと同時に、体調の悪さを隠していたのかしら、と少しばかりの悲しさくやしさを感じます。
 プロ野球選手・監督としての業績は改めて知りましたが、負けず嫌いの性格と同時に、機を見ることの大切さ、ここぞと言うときの決断の大切さを教えてくださった人だったと思います。
 ご冥福をお祈りします。

[PR]

# by kurashiki-keiko | 2018-01-06 13:30 | しみじみしたこと | Comments(0)

みんなで楽しいお正月

d0031853_15340239.jpg
お節料理を食べて2時過ぎから、長男一家と同乗して湯原へ。半年前にようやく取れたお正月のお宿です。
数年前から、息子や娘の一家と全員で1月1日に一泊して遊ぶことにしていて、我が家でワイワイというのがいいのでしょうが、私が楽させてもらえるということが一番で、お正月料金はお高いですので、一昨年までは全額親負担、昨年は夫退職のため子供の一家の分は子ども負担、それではかわいそうかもと今年は半額だけ親負担で泊まりました。
 
d0031853_15282027.jpg
温泉は、女性は屋上露天風呂に行き、洗い場は寒くて震えましたが、ちらつく雪を見ながらのんびりと浴槽につかりました。男性はこの日は大浴場で広々あたたかかったそうです。
 お楽しみの夕食は結構豪華で、小食の孫はあまり食べなかったそうですが、猪肉のトマト味鍋とか、カニ味噌入りの寄せ物とか、千屋牛ステーキとかいろいろといただきました。
 夜は
d0031853_15283252.jpg
カードゲームなどをお部屋でワイワイ。恒例番組の芸能人格付けチェックなどもTVで見たりしながら、9時ごろ就寝。早く寝たら3時ごろ目が覚めてしまい、スマホでゲームをしていた人が2人ほど。
 2日早朝6時前頃からまた温泉へ。今度は男性と女性のお風呂場が入れ替わっていて、男性は氷点下だったかもしれない屋上露天風呂に行ったそうです。
 9時ごろチェックアウトし、有名な湯原の露天風呂、砂湯の見物に。するとっ。
d0031853_15285499.jpg
なんとまあ刺激的な、直接的な表現の看板。驚きました。
d0031853_15431322.jpg
歩いていくと、
    
d0031853_15432890.jpg
 こちら、有名な湯原の「砂湯」露天風呂です。
   
d0031853_15433671.jpg
 冷え込んでいる朝でしたが、入浴中の人の頭が見えました。
さすが。
  散策ののちに、皆とお別れしました。
孫たちはいとこ同士はしゃぎまわって楽し気に遊んでいて、よかったです。



[PR]

# by kurashiki-keiko | 2018-01-02 15:46 | うれしかったこと | Comments(0)

初詣は倉敷地元の阿智神社へ

 今年は息子が厄年だと言うので、早めに出かけてお払いをしてもらうことになりました。
東小学校の運動場に車を止めさせてもらい、山の上への石段は結構段が高くて年を取ると足を上げるのも大変そう。
山への入り口の「手水所」で手を漱ぐのに、私は息子たちに遅れまいとして行っていると、息子曰く、お母さん、割り込んだじゃろ、後ろの人がぶつぶつ言っていたよ、と注意されました。私にそういう意識がなかったので反省しました。
d0031853_15161588.jpg
息子がお払いをしてもらっている30分ほどの間、本殿横の能舞台の前のベンチで待っていました。その間に参拝客がどんどん増えてきました。そのうちに、呼び物?の「宗像三女神の舞」がしずしずと始まりました。
d0031853_15193277.jpg
 古代をイメージした歌と振り付けの舞、以前はなかったように思いますが、帯の間にワイヤレスマイクを仕込んでいて、3人が歌う歌が会場に通るようになっていました。最初から言うとたぶん5代目くらいの女神たちの舞、この地の磐座(いわくら)のところへ降り立ったという三女伸もこのような感じだったのでしょうか。

 お払いを終え、帰り道で「おなかがすいた」とぐずる孫にフライドポテトを買って食べさせていたところ、東小学校近くなって、うっかり道に残りをばらまいてしまいました。「拾え!」と息子。きちんと全部拾わせて袋に入れさせました。当たり前といえば当たり前ですけれど、べそをかく孫にきっちりとするべきことをさせて、私が割り込んだと指摘されたのと同じくらいに息子のことがうれしく思ったことでした。

[PR]

# by kurashiki-keiko | 2018-01-02 15:22 | しみじみしたこと | Comments(0)

重詰め完了

d0031853_0334996.jpg


今年のおせちは左上から、ブリの鍋照り焼き、伊達巻、五目?なます、
くるみとレーズン入り田作り、数の子、栗きんとん、人参グラッセ、右のは炒りどり(筑前煮)です。
既製品の黒豆など買ったりいただいた昆布巻きなどもありますが入りきらないのでこちらは全部自作したものです。一品ずつの煮しめの代わりに炒りどりにしたのが手抜きでした。

年越しは息子たちはそば、夫はうどんなのですが、おつゆが同じにしたら息子から味がないと言われました。そばつゆはうんと濃くないといけないのだそうで、うどんつゆは飲めるけどそばつゆはのめないのだと。知らなくて息子に教えられました。
iPhoneから送信
[PR]

# by kurashiki-keiko | 2018-01-01 00:33 | 日常 | Comments(2)

家計集計 1年分の総決算

 午前中に最後の買い物をして、お雑煮の具の準備も終え、午後のひとときを今年の家計簿の総決算をしました。
こんなに早くできたのは初めて。
夫の退職後でいろいろとこれまでとは勝手の違う家計で、給料日に当たる日に銀行預金を引き出しに出かけるというのも新しい習慣となったり、預金が減っていく一方で投資したお金の利益分は預金に入るように手続きしたので少しずつとはいえ入ってくるお金もあったり。
人生100年時代というので、これからのいわゆる老後の時代、破産しないように家計簿を道しるべに上手にお金の管理をしていかなくては、と一層思う今年の暮れです。

 来年の家計簿は、私が「羽仁もと子案家計簿」をつけ始めてからなんとちょうど40冊目になることが分かりました。
「千里の道も一歩から」と申しますが、コツコツと、毎日毎日大切にお財布の中身を数えて記帳してきた道のりがこれまでの39冊だったのだなあ、と感慨深く思います。決して1円も違わずに月末処理ができた年はないのですけれども。

[PR]

# by kurashiki-keiko | 2017-12-31 16:28 | 感動したこと | Comments(0)