タグ:合唱団 ( 171 ) タグの人気記事

お誕生会のサマーコンサート

  この半月ほど、樋口恵子氏講演会以来、怒涛のように行事や予定が立て込んでいて、こなしていくのに精いっぱいでした。
そして17日(火)は我が家から近いデイサービス倉敷(羽島)でのお誕生会に招かれてのミニコンサートに、合唱団の一員として参加しました。
 ところが、頭が回りかねていたのか、時間には(駐車場が少ない関係で)我が家から近いので夫に送ってもらって女性では一番早く行って衣装に着替えていた所、なんとっ。白いスカートをはいていた所、他のメンバーが到着していうには、「あれ、グレーの、て言ってるのに」「えー!!」という事で、大慌てでメンバーの一人に乗せてもらってわが家へ取りに帰りました。近くでよかった。
 おかげで衣装は間に合って、無事参加することが出来ました。

d0031853_00454860.jpg
発声練習を控室でしていたら、ドスンドスンという音。何だろうと思ったら、お餅つきをしていたのでした。
この日に誕生月の人は、赤いハッピを着て最前列に座っていらっしゃいました。皆さんお元気そう。写真で一番左端の人は100才近い?ということでしたが、とてもお元気。
 A3の用紙二つ折り8ページの歌詞を載せたプログラムを印刷して行っていたので、皆さん見て一緒に歌ってくださっていました。曲目もよく知られた「夏の思い出」「海・われは海の子」「椰子の実」、「ドレミの歌」「みかんの花咲く丘」「見上げてごらん夜の星を」「上を向いて歩こう」、そして最後に「故郷(ふるさと)」でしたので、たぶん知らない人はいなかったと思います。
 そして「なんちゃって(強引)アンコール」の曲目は「七つの子」。♪からす なぜなくの からすは山に というアレ。
 ただ聞いているだけではなくご自分たちも大きな声で歌ったことはとても楽しいことだったと思います。またぜひ来てくださいという反応でした。
 
 終演後、ヒマワリのお花を一人1本ずつにラッピングしたものと、クッキー詰め合わせを一人ずつにいただきました。
 また、グループの亀龍園は空手のクラブがあって全国制覇をしていること、競っているのが自衛隊とか警視庁だとか大会社だとかの中での全国制覇、値打ちがあるのだと、経営者の方からお話がありました。空手道の練習に励む人が施設職員だと、さぞかし頼りがいがある若者たちなんだろうな、と思わされました。

[PR]

by kurashiki-keiko | 2018-07-18 01:07 | うれしかったこと | Comments(0)

「探し物はなんですか」失せ物出(いず)

 今夜(19日)も、合唱の練習に参加していました。いくつかの曲目を歌った後の終わりごろに、「上を向いて歩こう」がありました。
最近入ったアルトのメンバーが、その楽譜のカッコ1、カッコ3、カッコ5といった楽譜の道筋がわかりにくいらしく困っていたので、私のページ数はやたらに多いけれども、ひたすらページをめくっていくと楽譜がそれにつれて出てくる、という構成の物。こちらはあまり道筋を考えなくても素直に楽譜の通りに歌うことが出来て気に入っています。ページ数を少なくするためにカッコ1とかいうのを後から作ったのです。
 で、先週、練習の帰りにその人にあげようと、コンビニでコピーしました。なにしろ7ページ。小銭がたくさんあったので10円玉で7つ入れ、コピーをし、お釣りはないはず、と思って見るとなんと40円が。
 それでレジのところで「前の人のが残っていました」と届けて帰りました。
 ふつうそいう言う場合、届けない人の方が多いのかもしれませんが。

 で今週、楽譜の間にはさんであったそのコピーをその人にあげました。問題の「上を向いて歩こう」の練習になった時に、7ページ分の楽譜を見て先週のように歌ったら、あらら。なんと最後のページがありません。きっとコピーするときにコピー機に残ったのだ、と気が付きました。1週間前のことなので、もうないだろう、と、反対隣の人に、そのページをコピーしてきてもらえないだろうかとお願いして帰途に着きました。
 帰り道、ダメでもともと、聞くだけ聞いてみよう、とそのコンビニに寄ってみました。「コピー機に楽譜がありませんでしたか?」と聞くと、すぐに「ああ、あのお釣りを返してくれた人ですか」「そうです」「確かこの辺に貼ってあったんだけど」と言いながら探してくれ、ちゃんと捨てずに置いてあったのを、出してくれました。お金を正直に出したことで印象深かったのかもしれません。

 というわけで、コピーを頼んだと反対隣の人に「あったから」と連絡。
 ちゃんと1週間取っておいてくれたお店の人に感激。日本では落としたお財布が戻ってくる、と外国の旅行者が感激すると聞きましたが、こちらは楽譜の最後のページ1枚がちゃんと帰ってきました。よかったです。

[PR]

by kurashiki-keiko | 2018-06-20 00:13 | 感動したこと | Comments(0)

「春待ちコンサート」

d0031853_10481451.jpg
 倉敷市児島田の口の有料老人ホーム「オーシャンビュー鷲羽」の誕生会のイベントに合唱団が招かれて21日午後出かけてきました。
約50人ほどの入所者の方々、この月誕生日を迎えられた人たち7人はハッピを着て鉢巻きをして最前列に座られていました。
たまたまですがその中に男性団員のSさんのお父様もいらして、プログラムの「ハッピーバーズデー」を心を込めて歌いました。
以下、合唱団ブログ参照。↓
アカペラ混声合唱団 ジョイ・エコーブログ

[PR]

by kurashiki-keiko | 2018-02-22 10:51 | 合唱団 | Comments(0)

コンサート名に悩んで

次回のコンサート名は、代表から示されたものは「きさらぎコンサート」でした。確かに2月だからなあ…とはいうものの、もうひとひねり、何かあたたかな感じのするほうがよさそう、と思いつつ思案していました。節分で恵方巻などと世間は騒いでいて、立春となり、まだまだ寒さは厳しいものの、早くあたたかい春が来ないかなあ、と待つ気持ちは大きいと思い、「そうだ」とひらめいたのがこちら。春を待つ気持ちは気分も何となく暖かになるような気がします。プログラムも、冬の最中の冬メドレーから徐々に春めいてきて、最後は「ラララ赤い花束車に積んで」と、春メドレーです。
d0031853_23572280.jpg
アカペラ混声合唱団ジョイエコーブログはこちら

[PR]

by kurashiki-keiko | 2018-02-08 00:03 | 合唱団 | Comments(0)

「秋のコンサート」

11月11日(土)午後、児島湖の締め切り堤防近くの、特別養護老人ホーム プルミエ岡山と、ケアハウス アミティ瀬戸内のイベントにお招きいただいて1時間ほど歌わせてもらってきました。
d0031853_00334138.jpg

プログラムは「赤とんぼ」、秋のメドレーで「里の秋」「紅葉」「野菊」、「小さい秋見つけた」と秋シリーズが1ステージ。
みんなで歌いましょうが「ドレミの歌」と「瀬戸の花嫁」、
第2ステージとしてわらべ歌の「通りゃんせ」「ずいずいずっころばし」、それになつかしい昭和の時代の「喜びも悲しみも幾年月」、「ここに幸あり」そして「北国の春」。締めが「ふるさと」。そしていわゆる無理やりサクラのアンコールが「青い山脈」でした。
 行ってすぐの声出し練習では、会場の響きがあまりない室内で女声の声が出せてないとの事でしたが、本番ではだんだん乗って歌ったせいか、よく出ていたようでした。

 また、デイサービスの人が比較的お元気な人が多く、また最前列正面に陣取った恰幅の良い男性が歌が好きと見えてしっかりと歌ってくださっていたのがうれしく、よい雰囲気で歌わせてもらいました。
 また、こういうコンサートでは男性が仕事の都合などでなかなか出られない人が多いのですが、今回はテナーもベースも3人ずつ出られてよかった。でも女性の欠席が結構あってアルトはたったの2人。しかも1人が最後の「故郷」では伴奏のために抜けて、私1人となってしまい、他のパートにバランスで負けないように、一所懸命歌いました。
d0031853_00430840.jpg
最後の職員の方からのご挨拶で「こんな本格的な合唱団に来てもらったのは初めて」とのお言葉に一同面はゆい思いがしました。
d0031853_00350370.jpg
d0031853_00361517.jpg
なにより喜んで一緒に歌って頂けて良かったとの思いを強くしました。
 私たちの団体のことはインターネットで知ったとの事、また、いつもその場でとっさにカメラを渡して写真を撮っていただくのですが、今回はたまたまカメラを構えていた男性にお願いすることができ、特に上手に撮っていただくことができて感謝です。施設の記録用にたくさんの写真を撮っておられたようです。

[PR]

by kurashiki-keiko | 2017-11-12 00:40 | がんばったなあ | Comments(0)

「涼風コンサート」

d0031853_02440356.jpg
「涼風コンサート」と銘打って岡山市中区の特養ホームで歌ってきました。
 真新しい建物で、設備もいろいろ整っている様子でした。
 実は前日の18日(月・祝)に敬老祝い会があったようなのですが、こちらの都合で19日にさせてもらったのでした。
 入所者とデイサービスに通って来られる人とが合わさって聞いてくださいました。
サプライズの「お誕生日おめでとう」コーナーの主役は今回はお一人。「始まってから何分くらいでそのコーナーになりますか」とのお尋ねがあり、それまでに対象のおばあさんはお風呂に入ってこられるとの事でした。入浴美人?になった「もと子さん」にファンファーレのような歌声と「ハッピーバーズデー」の曲を歌い、ささやかな花束をお渡ししました。
d0031853_02460059.jpg
「みんなで歌おう」コーナーで「ドレミの歌」と「瀬戸の花嫁」をご一緒に歌っているとき、ふと見ると元同級生の「タケちゃん」がお客さんの中に混じっているのを発見。そういえば住まいに近いので聞きに来てくれたのかな。目で合図しただけでしたが、嬉しい出来事でした。

[PR]

by kurashiki-keiko | 2017-09-20 02:46 | その他 | Comments(0)

サマーコンサート

d0031853_01304567.jpg
倉敷市児島下の町のケアハウスロイヤルウイングにて、混声合唱団ジョイ・エコーのコンサートがありました。
こちらは広い敷地に様々な福祉施設の建物があり、その一つでした。
集まったお年寄りの中には地元ですので団員の知り合いの人もおられたようです。
事前に市民活動センターで印刷した、できる限り文字の大きい、全曲の歌詞を印刷したプログラムをお配りしたことと、懐かしい親しみ深い曲目ばかりだったので、皆さん口ずさんでおられる様子が見てとれました。
 なんといっても聞くばっかりよりご自身で歌うほうがずっといいと思います。
曲目は「夏は来ぬ」「椰子の実」「海・われは海の子」「夏の思い出」
間でピアノ伴奏つきでみんなで歌おうコーナーでは「みかんの花咲く丘」「ドレミの歌」。
そしてわらべ歌の「通りゃんせ」「ずいずいずっころばし」「あんたがたどこさ」、民謡「五木の子守歌」
職員さんに事前に頼んで?「アンコール」の声にお応えしてのアンコール曲は、近頃シリーズになっているauの桃太郎、金太郎、浦島太郎、一寸法師の歌を合わせてアレンジした指揮者オリジナルの「太郎物語」でした。




[PR]

by kurashiki-keiko | 2017-07-19 01:46 | パソコン講座 | Comments(0)

瀬戸の花嫁…だったかも? 老人ホームでコンサート

d0031853_01573455.jpg
笠岡の特別養護老人ホーム天神荘にて、合唱団のコンサートに参加してきました。
d0031853_01584278.jpg
プログラムはいずれも耳になじんだ曲ばかり、アカペラ合唱団ではありますが、かつてメンバーの高校時代の恩師(もうおよそ50年も前!)の藤井先生が一部伴奏をしてくださいました。藤井先生のお弟子さんが毎月演奏に行っておられるというご縁で私たちも行かせていただくことになったのです。
d0031853_02012693.jpg
プログラムの中で一番盛り上がったと思うのは、やはり皆さんでご一緒に歌っていただくコーナーで、今回は「青い山脈」と「瀬戸の花嫁」でした。「若く明るい歌声に」という明るい調子のよい歌いだしだし、皆さんの若かりし頃の思い出もある歌だろうと思います。また、「瀬戸の花嫁」は、笠岡諸島もあることだし、中には本当にかつて瀬戸の花嫁の通りのお嫁入をされた人もいらして、思いだしながら歌われたのではと思います。
 最高齢は104歳というお年寄りの皆さん、少しでも元気になったひとときであったら、歌わせていただいた甲斐があったというものです。

[PR]

by kurashiki-keiko | 2017-06-21 02:05 | 合唱団 | Comments(0)

「緑の風コンサート」にて

d0031853_15522538.jpg
「緑の風コンサート」と銘打っての、老人ホームのデイサービスにいらっしゃった皆様の前でのミニコンサートがありました。
30人くらいのお年寄りを前に、これまでの練習の成果を披露させていただきました。チケットを売ったり有料の会場を確保したりということは難しいので、このような発表の機会を与えられることは私たち小さな素人の合唱団にとってはありがたいことだと思います。お客様の中には100歳の人がお2人いらっしゃったそうですが、とてもお元気で眼鏡もなしで歌詞のプリントを見ておられたとの事。
曲目はいずれもお客様たちの女学生だったり子供時代だったりの懐かしい曲だったと思われますので、「みんなで歌おう」コーナーでなくても口を開けて歌っておられました。
d0031853_15565554.jpg
「みんなで歌いましょう」コーナーは「幸せなら手をたたこう」と「瀬戸の花嫁」でした。歌いながらご自身がお嫁に来られた時代のことを思いだしておられたのかもしれません。
d0031853_15570157.jpg
最後に全員にお花をいただきました。こちらの方こそ、歌う場所を与えていただきありがとうございました。




[PR]

by kurashiki-keiko | 2017-05-31 15:58 | 合唱団 | Comments(0)

コンサート前夜

 5月30日(火)、翌日の倉敷のデイサービス施設でのコンサートを前に、最後のおさらい。
サプライズの小さなイベントの打ち合わせも含め、通して稽古しました。
喜んでいただけるといいな。


[PR]

by kurashiki-keiko | 2017-05-31 01:31 | 合唱団 | Comments(0)