タグ:日常 ( 1010 ) タグの人気記事

菩提寺を替える

 お盆の棚経、というそうですが、お寺のご住職さんが家ごとに訪問してお経をあげてくださる事です。
 我が家は夫の父が平成9年に、母が平成23年に亡くなり、以来お寺とのお付き合いが始まりました。
 とてもお人柄のいい和尚さんで、お寺は遠かったけれど親族が迎えに行ってくれると法事の時にも会食につき合ってくださり、みんな大好きでした。後継ぎがいないのを心配しておられましたが、娘婿さんがお坊さんになってくれたので一安心でした。
 でも、今年、80を越えることになって今年限りで引退されるとの事。そして娘婿さんが言われるには、2人体制だったからこれまで法事にも我が家に来ていただけたけれど、土日の法事の時にも葬儀が入るかもしれないからか、お寺での法事しか受けられないこと、お墓まではとてもつき合えないとの事。
 それでは将来的にお葬式だとか納骨だとかの仏事に、車で1時間の距離の我が家は困る、と思い、お寺を替わることを考えることにしました。
 我が家はこの辺りには少ない天台宗。探すと、ようやく1軒、というのか1寺というのか、見つかりました。歴史は割合新しくて明治になってできたお寺だそうでしたが、同じ天台宗で、我が家の元の菩提寺のことももちろんご存じで、引き受けて頂けることになりました。
一番予想される近いお葬式と言うとわが夫ということになるのですが、ちゃんと面倒を見てくださるお寺さんがあるというのは我が家、わが息子たちにとっても安心、というわけです。
 とても心配しましたが、ソフトランディング、で一安心しました。
 私は個人的にはカトリックなのにもかかわらず、家の宗教は仏教というわけで、いわば隠れキリシタン的な矛盾を抱えつつも、我が家の安泰の為に動きました。

[PR]

by kurashiki-keiko | 2018-08-31 22:47 | しみじみしたこと | Comments(0)

保育園からの運動会のお知らせ

 昨年の運動会シーズン、我が家のすぐそばの保育園では、例年通り9月になると園庭での鼓笛隊の練習が連日ありましたが、それについてクレームが出たそうです。
 我が家が建った30年前は、我が家の北には田んぼ、その向こうに保育園が見え、鼓笛隊の練習なども日々少しずつ上達していくのがほほえましく、確かに音はしっかり聞こえましたが騒音とは思いませんでした。
 ところが昨年の事、クレームの電話?があったとかで、園長先生、副園長先生らがご近所一軒ずつ回ってお詫びに歩かれたのだとか。
息子も言っていましたが、保育園が出来たのが先なのだから、保育園があると知っていて家を建てたのなら、運動会シーズンに音が出るくらい周知の事実として受け止めなくては、と思います。医療関係者もこの付近には多く、三交代の看護師さんだったりするのかもしれませんが、ならばこの地域を選ぶべきではなかったのです。

 で、今年は、今日、お手紙が郵便受けに入っていて、運動会の日程、練習の日程が詳しく書かれていて、招待券まで入っていました。
ここまで保育園に気を遣わせる地域って何なのだろう、子供を持つ親の気持なども考えてみてはと思うのですけれど。
d0031853_21293117.gif

[PR]

by kurashiki-keiko | 2018-08-31 21:52 | 地域社会 | Comments(0)

気まぐれで「ふるいち」のかき氷を食べに


 27日は「縫い物三昧の日」とわたし的には勝手に決めて朝から縫い物をしていたら、夫がお昼頃になって「かき氷を食べに行こう」と言い出し、食事とかき氷が両方できそうなところ、と言うのでぶっかけうどんの「ふるいち」へ行くことになりました。
 「土曜夜市」に出かけていたころはふるいちのかき氷が一番楽しみだったのですが、今年は豪雨災害の余波で天領まつりも中止になり、そういえば食べていませんでした。
 夫はふるいちのうどんを何故か嫌っているのですが、かき氷と昼食が同時に食べられるお店はめったになく、旧天満屋跡地の駐車場に止めて商店街の中の仲店へ。夫はなかばいやいや、私は大好きな冷やしぶっかけの「きざみ」をチョイス。
ちなみにメニューを見ると、英語・韓国語・中国語版もありました。外国人客も増えているのでしょう。
 そばの席の観光客らしい人がかき氷が大きい、とびっくりしていましたので、うどんを食べ終えていざ自分たちのが運ばれてくると、
d0031853_22054933.jpg
やっぱり半端なく大きい容器に山盛りなのでびっくりでした。こちらのはシロップを自分で掛けるようになっていて夫は宇治金、私はミル金。
 私の持論ですが、かき氷は冷房の効いたお店ではなくて海岸などのよしず張りのような風の通る場所で食べるのが最高。果たして、冷房の効いたこちらのお店だと、最初のひと口のふわーっとした冷たさに対する感激もうすれ、寒くなってしまいました。
 しかし細かいかき氷を堪能出来て夫は気が済んだようでした。

 ちなみに駐車場へ帰って出庫するときに見ると、その旧天満屋跡地の駐車場、9月24日付で閉鎖されるのだとか。何か建つのかな??




[PR]

by kurashiki-keiko | 2018-08-27 22:09 | おでかけ | Comments(0)

野分

 心配した台風20号は、近畿地方へ向かったためこちら岡山県では大した被害もなく、雨量も大したことなく通過し、真備町の被災家屋にこの上の被害がなくて何よりでした。

 それはともかく、腰痛で療養中という友達に、お見舞いがてら、彼女は源氏物語が好きだったので、手持ちの源氏物語絵巻の「野分」の場面の絵はがきを選んで送りました。
 すると、たまたまその時彼女が読んでいたのがその「野分」の段だったのでびっくりしたとの返事がありました。あの長編の物語のその個所、なんていう偶然がある物だろうかとこちらもびっくり。たまたま台風の来る季節だからでもあり選んだ絵はがきだったのですが。
お返事も絵はがきで、水引き草のスケッチ画でした。
 大切なお友達です。
d0031853_20452867.jpg

[PR]

by kurashiki-keiko | 2018-08-24 20:45 | しみじみしたこと | Comments(2)

ようやくエアコンがつきました

 先週突然冷気が出なくなった2階の寝室のエアコン。調べてもらうと14年前の機種だとわかり、故障した基盤を直すこともできず、新しいエアコンが来るまでこの暑さのこと、「(老)夫婦、熱中症で死亡、部屋にはエアコンがあったが作動せず」なんてニュースになるのも困るので、階下の居間で寝る事1週間。おかげで早く寝る夫の寝入るのを待ってこっそりと夜更かししていた私でした。
 良かったことは、例年お盆の墓参り用の花を大量に早めに買い、居間で漬物樽に入れておくのが恒例なのですが、夜じゅうクーラーがついているのでお水が腐らずに長持ちしてくれていることです。ちなみにお墓は朝9時から県内3か所を回ります。合計24,5基分のお花が必要。花代は昨年が9,261円、今年はディスカウントスーパーで早めに買ったため?ケチったため?7,633円でした。
 
 12日(日)、お盆前とはいえ日曜日だというのに、来てくれるのはありがたいと思っていたら、昼過ぎになるともう夫がしびれを切らして「まだか、(電器屋へ)ゆうてみい」。午後だわよ、などと言いつつも、2時ごろ問い合わせの電話をすると、もう行きます、と蕎麦やの出前みたいな返事。
 で、実際に工事の人から「カーナビをみて近くまで来ているんですが」という電話があり、道に出てみるとすぐ近くにいました。うちの車庫には、車の屋根にはしごを積んでいたため入れず、車庫の前に停車していざ。
 室外機は屋根の形の関係から、地面に置くことはできず、屋根の上だったので手間取ったようです。が、例の真備地区の浸水した家屋のエアコン、被災をまぬかれた2階で暮らしていらっしゃる人も多い中、エアコンの室外機が地面の上だったので浸水して使えなくなったという話を聞くと、屋根の上の方がいいこともあるんだな、などとふと思ったことでした。
 また、本体の設置場所が前回はドアの開け閉めによって風向を調節する羽根がぶつかり不具合を起こしていたので、出来るだけ高い位置にとお願いしておきました。
 
 暑いのに2時間半くらいかかって、ごとごとと屋根の上でも音がしていて、ようやく運転するまでにこぎつけました。
お兄さんたち、とても感じのいい人たちで、彼らがいたために外出して戻ってきた息子の車が入らなかったことを詫びつつ帰っていきました。彼らは工事を請け負っているだけで、料金については後日電気屋さんから請求書が来るらしいです。

 ともかく、今夜からまた寝室で眠れます。ありがたや。

[PR]

by kurashiki-keiko | 2018-08-12 23:26 | うれしかったこと | Comments(2)

学童保育の子らと遊んで

 先日、民生委員の一人として、学区の学童保育の子供らとバルーンアートで遊ぶ催しに参加してきました。
学校の敷地内のプレハブで、いつもは2棟に分かれているそうですが、民生委員たちが出向いて遊ぶため2教室分の子供たちが一か所に集められ、密度が高い。1つの座卓に6人ずつ座っているのが13か所。6人×13=78人? 
 はじめに主任児童委員のKさんが上手に子供を乗せ、「3年生の子?」「2年生の子?」と手を上げさせてみると、2年生が一番多かった。それから、簡単な「ねずみ」「犬」「剣」「サーベル」の作り方を講習。ほかの民生委員さんたち、内心(できるかな?)と不安に思いながらもその作り方を一生懸命見ていました。
 さて、適当にテーブルに散らばって子供たちといざ。私がついたのは女の子ばかりのテーブル。見よう見まねで、まずは長い風船を手で伸ばしてから空気を入れ、ひねってネズミや犬の作り方を教わった通りに伝授したり手伝ったり。子どもたち、風船の口をねじって止めるのが出来ないようなのでそちらを手伝ったり、途中まで犬の作り方を教えたり。覚えの早い子はしっぽの部分をアレンジしてお団子状のしっぽにしてみたりして楽しんでいました。「お花を作って」という子もいたので、適当にお花の形を作り、緑の風船で葉っぱと茎に見えそうな感じで作ってやりました。

 思ったより犬程度で終わったのでぼろが出ないで何とかやれました。
 一人女の子の中で前歯2本がへの字型と言っていいのか、そっぽを向いている子がいました。親御さんは忙しくて子供の歯のことなんかにかまう余裕がないのかな?それにしても矯正できるものは矯正してあげるのが子供の将来のためと思います。


d0031853_00491224.gif

[PR]

by kurashiki-keiko | 2018-08-11 00:49 | 地域社会 | Comments(0)

基盤が壊れていたそうで

 昨晩突然冷風が来なくなったエアコン。
懇意にしている町の電気屋さんが午後3時過ぎに来てくれ、調べてくれました。
こちらの感覚としては、そんなに古い機種だという自覚がなかったのですが、
「基盤」が壊れているとのこと。メーカーに聞いてみます、と言って帰られました。

結果、もう14年前の機種なので製造元にもないとの事。

・・・
仕方がないので、新規購入となりました。予算に組んでないのに。
この繁忙期のことで、一番早くて12日になる、との事。
懇意の電気屋さんなので機種はお任せ。
それまで1週間、灼熱の?2階で寝ることは出来そうにありません。

がっくり。

[PR]

by kurashiki-keiko | 2018-08-06 16:49 | 日常 | Comments(2)

室温32℃

 昨夜12時、先に夫が寝ている寝室へ行くと、いつもなら廊下から入ったところでエアコンが効いてひんやり、のはずが暑い。
シーツがひんやりどころか、生あったかい。
えー?
エアコンのリモコンを探すと、設定はなんと25℃になっているのに。
昨日の朝だったか、夜8時から朝6時までのタイマーをかけたのは私。
だけど温度設定はいじってないし。
先日は夫が間違って暖房のスイッチの方を入れていてあったかかったということはあったのだけれど、
今回はどうやら違う。
リモコンをあちこちいじってみたけれど、エアコンは少しも冷風にならず。
先日来、熱中症で亡くなる人のニュースがあるけれど、どのケースもエアコンをつけずに寝ていた人の話。
念のため夫の入院グッズの中にアルコール式の温度計があったのを思い出し、取り出してみると、赤いアルコールは32℃の所。
まさに、このまま朝までいると熱中症になるよ。
ということで、急きょ夫を起こし、今までいた居間のエアコンをつけて居間で寝ることにしました。d0031853_06302419.jpg
床に長座布団、では寝心地は悪くてなかなか眠れませんでしたが、32℃の部屋で寝るよりはまし。
電気屋さん、エアコン設置で駆け回っているのだろうし、すぐ来てくれるといいのだけれど。

[PR]

by kurashiki-keiko | 2018-08-06 06:30 | ニュース | Comments(0)

家計簿7月を締めて

 7月31日、いつもはもう少し早い日にするのですが、曜日の関係で今月は31日に通帳記帳をして、家計簿に転記、7月の家計簿を締めました。
 私は今年で40冊目の婦人之友社「羽仁もと子案家計簿」をつけています。高年向けの「予算生活の家計簿」に移行する人が多い中、項目の順番が違うそうだし、同じ表紙の色でずっと付けてきているので、相変わらず同じ種類のを使っています。
 これまでは割合食費がかかっていたのですが、今月はキュウリが毎日毎日10本前後と、トマト・ミニトマトもぼつぼつ収穫でき、おまけに次男のお嫁さんがなすやオクラを持って来てくれるなどして、野菜代がずいぶん助かり、桃を1箱買ったのに予算に対して7,843円も黒字。ありがたや。
 大赤字になったのが衣服費。夫のブランド品コートを買ったのを皮切りに、同じく夫の皮のショルダーバッグ、ドイツ製の靴、同じメーカーの靴底の張替え。私も、それほどではないにしろなかよし会があるので結構買い込み、おまけに旅行用のカバンが古びてきたので買いました。食費はけちけち使っているのに衣服費はドーンと予算オーバーとはこれいかに。今年中の修復は無理と思う。
 それにしても今月は夏休み中のせいか、いつもなら夜中の数時間かけて月の締めをするところ、日中に出来たのは喜ばしいというか閑というか。夫の寝た後にいつもするのに、今回は横でテレビを見る時間帯に各項目の締めをして予算との差し引きをして収支年計表に記入し、来月のページに予算の金額とこれまでの差引額を記入するところまでできました。
 なんて面倒で煩わしい作業なんだろう、と思うし、この作業だけはパソコンで替わってやってもらえるとうれしいんだけどな、と思いながら、手書きをベースにして自分でExelの表に記入し、予算の消化率を自動で出しています。
 パソコンソフトを1年だけ使いましたが、いろいろな領収書やカードの明細などは家計簿にはさむなどして管理していたこと、友の会で見合うためには一々プリントアウトしていかないとすぐには見られないこと、それからくだらないかもしれませんが、本棚の最上段にずらーりと並べている家計簿を、その年も続けて同じように飾りたい、と思ったからでした。100年以上変わらないデザインの家計簿、本棚に並べて若いころの様子も手に取って眺めることで、あの時の予算はああだった、何費が高かった、などふり返ったりします。

 

[PR]

by kurashiki-keiko | 2018-08-01 02:11 | がんばったなあ | Comments(0)

豪雨被害 その後

 豪雨の中買い物した7日以来初めて、11日(水)にスーパーへ行きました。7日には浸水のため行けなかったほうのスーパーです。
その前後用事をいくつかしてから行ったのですが、印象としてはいつになく道が混んでいるなあ、ということでした。
 後で帰宅した息子によると、倉敷から旧国道2号線や山陽本線の鉄道を越えて北へ向かう道が、マスカット球場の東側の道も通行止めになっているなどで、普段私たちが使っている道が唯一と言っていいくらい通れるのと、支援の車だとか普段いない車も入っているせいで、やたらに混んでいるのだそうです。1台通るのがやっとという用水沿いの道にも、知らずに入ってきて強引に行こうとする車が、普段通って知っている車なら待避所で待っているところを突っ込んでくるためにやたら時間がかかってしまうのだそうです。
 スーパーの品ぞろえを見ると、野菜売り場の手前にいつもなら並んでいる果物のところの棚が空っぽでした。お魚は濁った川の水が注ぐ近海物はたぶん影響を受けていると思うのですが、お店の工夫か、特に変わったようには見えませんでした。牛乳売り場には、
d0031853_01422770.jpg
見たところ空っぽというわけではなかったけれど、こんな貼り紙がありました。
また、被災地では避難所への支援品以外では手に入らなくなっているらしい、水のペットボトルが、何とかの水、といったブランド品?ではないにしても2リットル6本入りのがあったので、支援品にするつもりでひと箱買いました。

直接の被災地ではない倉敷の当地ですが、蛇口から出てくる水道水の柱をよく見ると、どうも透明ではなくて濁っているようです。取水口の所が大雨のせいで濁っているからでしょうか。不断ならおいしい部類の倉敷の水ですが、生水を飲むのは気持ち悪いと感じ、麦茶などにして沸かしたものにしようと思うことです。

[PR]

by kurashiki-keiko | 2018-07-12 01:49 | ニュース | Comments(0)