人気ブログランキング | 話題のタグを見る

倉敷中央病院の止水壁完成

 昨日は全面広告が、そして今朝は地方版の記事になっていました。だいぶ前から私も時々ブログに上げていた倉敷中央病院の止水壁のことです、。

倉敷中央病院の止水壁完成_d0031853_07315013.jpg
全面広告で・・・

倉敷中央病院の止水壁完成_d0031853_07321306.jpg
今朝の地方版の記事で。

でも心配なのは、16カ所くらいある、出入り口のことです。
倉敷中央病院の止水壁完成_d0031853_07330025.jpg
職員さんが複数人でアルミの遮蔽ゲートを入れていく作業が、同時に16ヵ所くらいの開口部でできる物だろうか、という事です。
16億ものお金を投じてやり遂げた工事は素晴らしいと思いますが、何しろこれが役立つような洪水は起こってほしくないということと、このゲートをふさぐ方法が、これでできるのか、という心配と。

# by kurashiki-keiko | 2024-06-13 07:34 | 地域社会 | Comments(0)

晩ごはん

晩ごはん_d0031853_07463306.jpg
 中2の孫がおなかの具合がよくないと聞いて、伸び盛りだから揚げ物大好きなようなのに、と、張り込んで漬けマグロ丼にしました。
婦人之友社の『くたびれないごはんづくり』から。長芋のすりおろし、大葉、それに漬けマグロ、ごま、さらに海苔がかかる予定でしたが、海苔は省略。
あとはお揚げの中に納豆とねぎ、チーズが入ったのを焼いた物、水菜ときゅうりのポン酢和え、豆腐のお澄まし。
デザートは同じ本から、いちごのグラタン。小麦粉がちょっと入ったプリンみたいなものにいちごが乗って、オーブンで焼いたものです。写真を忘れました。午前中に焼いていたら、孫がやってきてオーブンの中を見ていました。


晩ごはん_d0031853_07500713.jpg
9日(日)は同じ本から、鮭のちゃんちゃん焼き、ブロッコリーとミニトマトと自家製サニーレタスのサラダ、かきたま汁。

お魚は単価が高いのでこの週末は高いものにつきました。
そのあと、自家製イチゴアイスをコーンカップに盛ったデザート。

# by kurashiki-keiko | 2024-06-10 07:53 | 料理 | Comments(0)

散歩道の花々

 ひところ歩くゆとりがなかったけれど、ようやく朝の散歩が復活しました。
 この頃は時候がよくなって、花にもいろいろ出会えるのが楽しみです。
散歩道の花々_d0031853_12364293.jpg
上まで全部咲くと梅雨が明けるとか言われるタチアオイ。今年は梅雨入りが遅れているそうですが、もうだいぶ上まで咲いています。この中にはないようですが、ピンクマダーとかいう色が好きです。
 夾竹桃の花も咲いていました。昔は学校のプールの横によく植えられていたのは、プールを利用する夏場に咲くからだったのでしょう。
 季節柄あじさいも目につきます。用水脇のあじさいたちは、真っ赤なのもあってびっくりします。クリニックの裏に咲いていたのはごく普通のあじさい。

 歩くのが楽しみです。

# by kurashiki-keiko | 2024-06-07 12:39 | | Comments(0)

ラジオ体操、首の運動は「夏は来ぬ」

 6月7日(金)今朝は能條貴大(のうじょうたかひろ)さんの伴奏でのラジオ体操、月のはじめ。火曜日の細貝さんは「渚のアデリーヌ」だったけれど。
と、あの懐かしい「夏は来ぬ」でした。
 あれは曲は短いけれど、佐々木信綱さん作詩で古き良き日本の初夏の風情が歌い込まれていて、2番以下はあまりなじみがないと思いますけれど、こちらに上げておきます。


 夏は来ぬ     佐々木信綱作詩  小山作之助作曲

1.卯の花の匂う垣根に ほととぎす早も来啼きて
  しのび音もらす 夏は来ぬ

2.さみだれのそそぐ山田に 早乙女が裳裾ぬらして
  玉苗植うる 夏は来ぬ

3.たちばなのかおる軒端の 窓近く蛍とびかい
  おこたりいさむる 夏は来ぬ

4.楝(おうち=センダン)散る川辺の宿の 門遠く クイナ声して
  夕月涼しき 夏は来ぬ

5.五月やみ 蛍とびかい クイナ啼き卯の花咲きて
  早苗植えわたす 夏は来ぬ




# by kurashiki-keiko | 2024-06-07 06:53 | うれしかったこと | Comments(0)

ラジオ体操、首の運動は「渚のアデリーヌ」


今日は6月初めの火曜日。ラジオ体操の第一と第二の間の首の運動はピアノ伴奏者の裁量で週に1度は好きなメロディーになるらしく、今年度は火曜日の細貝柊(ほそがい しゅう)さん、金曜日の能條貴大(のうじょう たかひろ)さんが、何のメロディーを弾いてくれるのかがちょっとした楽しみ。

 これまでの人は、童謡・唱歌がおおかったのに、細貝さんはもっとずっと新しい物を取り入れて、年代か性格か。今朝は6月最初の火曜日だったことに、首の運動のメロディーが流れてきて気がつきました。聞いたことのある、やさしいメロディー。そうだ、これはリチャード・クレーダーマンの「渚のアデリーヌ」だったわ、と、思い出しました。あちこちでイージーリスニングのBGMとしておなじみなだけに私でもわかりました。
 今後2カ月はこれで行くのでしょう。
 朝にふさわしいメロディーで素敵でした。





# by kurashiki-keiko | 2024-06-04 06:52 | 日常 | Comments(0)